2009年06月04日

北野誠、バーニングがサザンオールスターズの版権5枚持っている事をしゃべったら芸能界永久追放

○「義理と人情に篤い」バーニングサザンオールスターズ版権5枚ゲット

 もはや古いネタなのですが、北野誠氏がラジオバーニングサザン版権について話したらすべての番組を降ろされてしまったそうです。

 「義理と人情に篤い」というのは暴力団との癒着を暗喩する言葉なのですが、暗喩はあくまで暗喩ですから、直接そういうことをいったわけでもないのに芸能界を放逐するってのはやりすぎだと思います。

健康で文化的な生活を送るには、なるべくテレビを見ないこと

 芸能界の暗部というのは、親父が芸能界プロダクションにいたからそれなりに聞かされていますので、私も知っています。黒い付き合いが噂されていた美空ひばりさんは面倒見が良かったそうですよー。

 私はアニメ作品声優さんやオープニング・エンディングを担当したミュージシャンの名前ぐらいは覚えますが、あとはあまり興味ありません。

 テレビを否定したらアニメも無いのですが、健康で文化的な生活を送るには、なるべくテレビを見ないことというのは必須だと思います。

 上質の作品だけを厳選して見たほうが良いでしょう。カリオストロ伯爵が「卵の黄味」だけ食べる要領です。

 テレビの問題は前後の脈略なくCMが入ることですね。意外と脳が疲れます。また、ドラマなんか見ますと、美男・美女がそれなりにリッチな生活設定上で演じて居たりしまして、現実世界とのギャップに苦しむことになります。その点、アニメはそのまま「絵空事」なので、現実とのギャップが気になりません(^-^;

 電通視聴率というウソ数値で支配するテレビはなるべく見ないことです。見なくても損しません。時間があるのなら、本を読んだりして、なるべく自分の頭で考えた方が良いです。取り合えず、頭のなかで推論している限りにおいてはお金エネルギーも殆どかかりませんので、とってもエコロジーですよ。

北野誠、無期限謹慎の原因となった「問題発言」
 

 

 
 
 
 
 
  •  
    • 以下転載--

ネットで拡散…1億総チクリ時代にタレント戦々恐々 地方局での不祥事日本中に

 ブロードバンドの普及により、いまや“1億総チクリ時代”に突入した。従来はスルーされていた地方テレビラジオ番組の“不祥事”も、たちまちネットに乗って映像や音声が拡散。日本中に知れ渡る。不用意な発言で、著名人が謝罪や謹慎に追い込まれることも少なくない。イヤな時代になったものだ。

 先日、大阪ラジオ番組ゲスト出演した落語家桂ざこば(61)が、タレント北野誠(50)の無期限謹慎処分に関連して、大手芸事務所連想させる言葉を絶叫するという一幕があった。

これまでなら大阪ローカルラジオ番組での“放言”としてスルーされていたところだが、今回はそうはいかなかった。

 番組を録音していたリスナーの1人が、すぐに動画投稿サイトに音声をアップ。アクセス数は数時間で10万を突破した。投稿された音声は、著作権者である放送局の申し立てでいったん削除されたが、すぐに再投稿→削除された。現在ロシアの投稿サイトにアップされており、ネット上から音声を完全に消すのは不可能に近い。


【芸能コラム吉本幹部が語る「北野誠謹慎」の"吉本バーニング共謀説"真相とは

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=836160&media_id=53

北野誠の無期限謹慎とバーニング騒動に芸能マスコミ未来を憂う

http://www.cyzo.com/2009/04/post_1915.html

ましてや、"芸能界のドン"と呼ばれているバーニングプロダクション周防郁雄社長を、北野が「やくざみたいなもんやから」と言ったというのだから、音事協クレームをつけるのは時間の問題だったと言える。
posted by たかおん at 19:44| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 経済問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
必ず見つかる!メル友サイトはこちら↓出会いの幅を広げよう↓ http://avocado.deai-hp.jp/kosaia0087/
Posted by 雅代 at 2010年02月15日 19:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック