2010年02月02日

くたばれ!民野健治(東京地方検察庁検事・検事二級)

90120308.jpg
20100202190418caf.jpg
○石川議員の女性秘書を10時間も恐喝したのは民野健治

 民野健治という検事がいて、元在ドイツ大使館一等書記官らしいです。こやつが、石川議員の女性秘書を不当に拘束し10時間も恫喝したそうです。
任意調べなのに、女性が泣きながら頼んでも保育園に子供を迎えに行かせない、電話もかけさせなかったとのこと。石川議員への揺さぶりだけが目的の悪辣さで
す。

 そもそも、女性秘書は石川議員当選後に職務についた方ですので、2004年・2005年の陸山会の収支について何も知るよしもありません。

 私は鬼畜民野健治が早くくたばるように祈願致します。できればわら人形に5寸釘が良いかも。



------

(以下参考情報)
民野健治検事(東京地検特捜部)は特別公務員職権濫用罪だと思う

http://alcyone.seesaa.net/article/140090857.html

憲法

第36条 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。

第38条 何人も、自己に不利益な供述を強要されない。

2 強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、

これを証拠とすることができない。

3 何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。

刑法

第193条公務員がその職権を濫用して、人に義務のないことを行わせ、

又は権利の行使を妨害したときは、二年以下の懲役又は禁錮に処する。

第194条裁判、検察若しくは警察の職務を行う者又はこれらの職務を補助する者がその職権を濫用して、人を逮捕し、又は監禁したときは、六月以上十年以下の懲役又は禁錮に処する。

第195条裁判、検察若しくは警察の職務を行う者又はこれらの職務を補助する者が、その職務を行うに当たり、被告人、被疑者その他の者に対して暴行又は陵辱若しくは加虐の行為をしたときは、七年以下の懲役又は禁錮に処する。

2 法令により拘禁された者を看守し又は護送する者がその拘禁された者に対して暴行又は陵辱若しくは加虐の行為をしたときも、前項と同様とする。


-----
週刊朝日2/12号「子ども”人質”に女性秘書『恫喝』10時間
石川議員が体調不良で事情聴取は明日にしてくれと頼み込んでいる時に「あの女の秘書、小さな子どもがいるんだろう。(事情聴取に)呼ばれたら、困
るんじゃないか?」と東京地検特捜部検事の発言として暴露した。この記事に関して検察関係者が「週刊朝日の記事に対しては本気で怒っています。懇談なんか
でも『上杉のヤロウ、調子に乗りやがって、目にモノ見せてやる』と、半ば公然と話している。女性秘書は1月26日(火)昼ごろ、石川事務所に「タミノ」と
名乗る男から電話があり、女性秘書に「押収品の返却があるので取りに来て欲しい」との連絡を受けた。女性秘書は石川議員逮捕以来、2度検察庁から呼び出し
を受け、「押収品」の返却に応じていたので今回も同様だと思い、コートも着ず、大急ぎで地検へ向かった。ところが、検察長につくと前回とは違う部屋に案内
され、民野健治という検事が待っいていきなり「被疑者として呼んだ。あなたには黙秘権があるので行使することができる。・・・」と言われ女性秘書は事情が
把握できず、他の秘書か弁護士に連絡したい旨を告げたが民野検事はそれを無視して、逆に携帯電話の電源を切るように命じ、目の前でスイッチをオフさせた、
それが昼の1時45分。任意の事情聴取は、文字通り「任意」である。被疑者であろうが、参考人であろうが、当事者の同意が必要なのはいうまでもない。仮
に、拒否してもその場を立ち去っても問題ない。拒否も国民の当然の権利である。ところが今回のだまし討ち監禁は、そうした意向を問うことなくスタートして
いる。民野検事は、女性秘書に、小沢幹事長と石川議員が「共謀」していたことを認めるように迫り続けたという。しかし、小沢事務所と何の関係もない女性秘
書が、そんなことを知るはずがない。それでも検事は、「いいんだよ、何でもいいから認めればいいんだよ」「早く帰りたいなら、早く認めて楽になれよ」「な
んで自分を守ろうとしないの。石川をかばってどうするの」と責め続けたというから異常だ。
3歳と5歳の子供を抱える女性秘書は、保育園に迎えにいかなくてはならない。少なくとも、保育園の閉まる午後7時までには、夫など誰かに迎えを頼む必要が
ある。検事に「保育園に行かせてください。その後、また戻ってきます。せめて電話だけでも入れさせて下さい」と、繰り返し懇願。それに対して検事が放った
言葉がこれだったという。「なに言っちゃってんの。そんなに人生、甘くないでしょ」という台詞だったという。女性秘書が解放されたのは、午後10時45
分。結局、押収品も返却されなかったという。

石川事務所の家宅捜索が、大問題になり始めている。特捜部の事務官7人が午後4時45分、永田町の議員会館の石川事務所に乗り込み、内側から鍵
をかけて占拠した。ところが、この時、事務官は捜索令状を持っていなかったという。30分後、後から来た検事が捜索令状を示したが、令状もない状態で、議
員事務所を占拠するのは、明らかな違法行為だ。違法な手法で行われた捜査は、立件できない可能性が高い。さらに、問題になっているのが、事件と関係ない石
川議員の女性秘書を10時間近くも「拘束」した。さすがに10時間にわたる女性秘書に対する取り調べは、鈴木宗男議員がブログで取り上げ、民主党の辻恵議
員もテレビで問題にした。捜索令状がないのに事務所を占拠したこととあわせ、いずれ、国会で問題になることは、確実だ。また、そうした批判をかわすために
も、検察は「別件」で石川議員を再逮捕する必要があるとみられているのだ。「検察は、石川議員を本人の『政治資金規正法違反』で再逮捕する方針だ。一部新
聞が『400万円分の事務所費と車代提供が不記載』と小さく報じた一件。女性秘書は石川議員の資金管理団体の事務担当者をしている。女性も一緒に逮捕して
しまえば、10時間の取り調べ問題もウヤムヤにできるわけです」(捜査事情通)

東京地方検察庁検事・検事二級 民野健治(在ドイツ大使館一等書記官)





February 01, 2010

この男の名前を覚えておくべし

民野健治

http://blog.livedoor.jp/rusuban_the_3rd/archives/51461428.html



まったく小沢さんの件に関係ない(そもそも物理的に無理)にもかかわらず、石川知裕君のところの女性秘書を9時間半にわたって監禁し、保育所への電話すら認めなかったという鬼畜の名である。上杉隆さんの記事から明らかになった名前です。

佐久間や大鶴については散々語られているが、実際に僕らの人権を脅かし、“現場レヴェル”で不当な権力を行使し、「特高」まがいの“捜査”行なう連中の名はなかなか表に出てこない。その都度、こうしてあきらかにしていかなくてはならないでしょうね。



このような男は、必ず「次」にまた同じようなことをやる。“民の検事”というのは、またなんという皮肉に満ちた名前だろう。

キッチリ覚えておいてあげようではないか、民野健治。



(転載ここまで)



参考投稿番号: http://www.asyura2.com/10/senkyo79/msg/323.html

ばかだね〜志位和夫、代表質問で水谷建設の裏献金5千万x2回わが党の独自調査で自信を持ってだと、情報源は赤旗の元経理担当重役の話だろ、この人はたぶん執行猶予中だとおもいますよ、こんなもん信頼して良いんですか?



@kiyowanajiageya 2010-01-23 23:01:11

民主党消息筋によると・・幹事長室関係筋では、検察庁幹部の国家公務員法違反容疑立件のための複数の証人、ならびに証拠を確保した・・模様。
永田メールの再来とならぬため、現在、トリプルチェック処理中。いつ・・どのタイミングで世に出すか・・・思案中である・・と同関係者は語った。
posted by たかおん at 21:14| 埼玉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 政治問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
では「懲役10年」ものですね。何故なら、これは氷山の一角だと思われますから。同様の手口の余罪も日常茶飯でしょう、あの口ぶり。その建物内には検察官もたくさんいたでしょうに、なぜ現行犯逮捕しなかったんでしょうね!!
Posted by 怒り浸透 at 2010年02月04日 02:31
怒り爆発です、よくもここまで国民を愚弄出来たもんです、許しがたき、週刊朝日をばら撒くぞ、我々もできることから行動しましょう、舐められたままでは、収まりません、上杉さん、山口編集長身の回りだけは気をつけて、小泉がのさばって不審な最後を迎えた人や、冤罪で陥れてわいせつ罪などで投獄された、植草氏の汚名等、何をしてくるか知れません。狂犬病にかかった国賊どもですから、そんな奴らに血税を使用されてると思うと、へどが出ます。
Posted by pokky at 2010年02月05日 00:53
 検事という仕事はずいぶん暇なようだ。暇をもてあましているから、生来のサディズム性格が首をもたげてしかたないが、そういうことができるSMバーなどに行けば料金が高いから、いっちょう税金で遊んでやれとばかり、石川議員関連で、若い女性を苛めて欲望を満たしたのでしょう。

 これで、こいつは40歳代のようで、在外公館に派遣されたくらいだから上司の受けも良くて、特捜検事に任官されたくらいだから、給料はおそらく年収2千万円弱、それで暇をもてあまして勤務中にサディスト遊びをできるるのだから、検事と何とかは3日やったら止められねーって。
Posted by 井上信三 at 2010年02月15日 14:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック