2010年05月08日

欧米で報道された「世界で一番、マヌケな男」小泉純一郎

14-1.jpg2b41134c.jpg
○新生銀行1400億円超の赤字、八城政基社長ら退任へ
 かつて日本長期信用銀行をゴールドマン・サックスとシティバンク系デイヴィッド・ロックフェラー・シニア(David Rockefeller, Sr. )相乗りで買収しました。新生銀行として株式上場を果たした後に、ティモシー C.コリンズとJ.クリストファーフラワーズ.はオランダ法人の損失を埋める形で、それぞれ1000億円規模の課税逃れを行っています。
 一方、旧日本長期信用銀行に投入した公的資金は約7兆9000億円にもなり、債務超過の補填分約3兆6000億円は損失が確定しています。瑕疵担保条項の行使で、預金保険機構を通じ国が買い取った債権も将来的には損失が予想され、最終的な国民負担額は4 - 5兆円に達するそうです。
 長銀をリップルウッドに5兆円の持参金をつけて差し上げたとも言えます。これを日本側で手引きしたのが小泉純一郎首相(当時)です。

○「世界で一番、マヌケな男」小泉純一郎
 小泉純一郎がアメリカ帝国へ「みんなあげちゃう」政治を行なっていたのは、今となっては公知であり、等しく小泉純一郎が低能である査証でもあります。引いて申し上げれば、小泉純一郎を応援したテレビ白痴国民も低俗低能であるということです。
 小泉純一郎は権力基盤をマイケルグリーンに躾られた小泉進次郎へ継承させ、自身は悠々自適の毎日を暮らしていますが、小泉純一郎を応援したテレビ白痴国民の少なからぬ方々が生活困窮の憂き目に遭っています。

--以下参考転載--
  2000年、日本長期信用銀行は米国の「乗っ取りファンド」リップルウッド社に、10億円で乗っ取られた。こうして、現在の新生銀行は「創立」された。
 この「乗っ取り」=売却の、手続きを「仲介した」米国銀行ゴールドマン・サックスに日本政府は手数料として10億円支払っているので、売却利益から手数料を引くと「利益はゼロ」であり、事実上、日本政府は「タダ」で、日本長期信用銀行をリップルウッドに「くれてやった」事になる。
 この、リップルウッド社の「創立資金・経営資金」を出していたのは、ロスチャイルドのゴールドマン・サックスである。リップルウッドと、ゴールドマン・サックスは、事実上、「同一企業」である。 銀行の「買受人」であるゴールドマン・サックスに、なぜ、日本政府は、「仲介手数料」を支払っているのか?
 これは、ロスチャイルドのゴールドマン・サックスに、「日本国民の税金で創立・運営されて来た、日本長期信用銀行を、無料で、くれてやる」ための、ゴールドマン・サックス自作自演の「乗っ取り劇」であった。 この、ゴールドマン・サックスが、2010年、オバマ大統領の最大の政治資金・出資団体である。
 ここに、日本国家とアメリカの、奴隷関係、属国関係が、明確に出ている。
 日本側で、この「乗っ取り」を主導したのが、小泉元首相である。
 かつての、小泉首相の「大人気ブリ」=小泉フィーバーと、選挙における小泉の「大勝利」には、日本人・有権者の「白痴ブリ」が明確に出ている。日本人は、日本国家と日本人の資産を、「無料で、アメリカに、くれてやった」小泉に、拍手喝さいを行っていた。
 この「買収劇」が起こった時、アメリカの新聞・雑誌は、一面トップで小泉首相の顔写真を大きく掲載し、報道した。小泉の写真の上には、巨大な活字で、「世界で一番、マヌケな男」と、印刷してあった。

小泉の写真の上には、巨大な活字で、「世界で一番、マヌケな男」と、印刷してあった。 http://alternativereport1.seesaa.net/article/146828395.html 
http://d.hatena.ne.jp/nk2nk2/20100421
世界一マヌケな男と欧米マスコミに報道されている小泉元首相
http://alternativereport1.seesaa.net/article/146828395.html

Google 検索
http://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%A7%E4%B8%80%E7%95%AA%E3%80%81%E3%83%9E%E3%83%8C%E3%82%B1%E3%81%AA%E7%94%B7&sourceid=ie7&rls=com.microsoft:en-US&ie=utf8&oe=utf8&redir_esc=&ei=dxTkS6CmC4uK6gPdvJHIDg

Yahoo!検索
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%A7%E4%B8%80%E7%95%AA%E3%80%81%E3%83%9E%E3%83%8C%E3%82%B1%E3%81%AA%E7%94%B7&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=

新生銀行、1400億円超の赤字見通し 3月期決算
http://www.asahi.com/business/update/0508/TKY201005070585.html
 新生銀行が2010年3月期決算で、純損益が1400億円を超える赤字の見通しになった。不良債権処理などで、約2千億円の損失が出るためだ。赤字は2年連続で、八城政基社長(81)や多くの取締役が責任をとって退く見通し。業績悪化により、10月に予定していたあおぞら銀行との合併も見送る方向だ。

売国奴八城政基の新生銀行に口座を作る
http://wanwanlapper.seesaa.net/article/34793637.html
ティモシー C.コリンズ. (社外取締役). J.クリストファー フラワーズ. (社外取締役). デイヴィッド ロックフェラー. (社外取締役). 八城 政基. (会長兼社長). <監査委員会> 4名 (全員社外取締役).

新生銀行(2005年01月22日)
http://plaza.rakuten.co.jp/HEAT666/diary/200501220000/

長銀「われらが血税5兆円」を食うユダヤ資本人脈ついに掴んだ!
http://blog.livedoor.jp/ayaka222a/archives/16461401.html

高橋治則が死去(2005年07月20日)
http://plaza.rakuten.co.jp/HEAT666/diary/200507200000/

日本を良くしたと思う歴代の総理大臣ランキング
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=361417&media_id=45
posted by たかおん at 09:20| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ帝国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック