2010年06月09日

親米政権が誕生してしまったの?

chart.jpg
○国内対米独立派糾合を目指した小沢一郎氏
 土井さんが社民党党首であった頃、自由党党首だった小沢一郎氏は当時民主党代表だった菅直人氏と土井たか子氏と三者会談を持ちました。カメラが入っている中、座敷で小沢氏は土井氏に平身低頭土下座スタイルで挨拶し、土井さんは少し面食らった感じを受けておりました。後々の小沢氏の行動を考えると象徴的なシーンでした。
 その後、民由合併、民社国連立と突き進んでいくわけです。その過程こそが、国内対米独立派糾合目指した小沢一郎氏の政治的軌跡であったのです。

○親米政権が誕生してしまったの?
 菅直人政権の陣容が確定しました。岡田・前原・古川元久は親米派だと分かりますが、私の知らない人も多く、どうにもこうにも現政権の親米度は計りかねます。小沢氏の一新会系が干されたのは間違い無いようです。田中まきこ氏と小沢一郎氏の2人で「貴方こそ代表(候補)へ」と譲りあい?してみたのも本当なのでしょう。国内経済重視の池田勇人の系統にあり、対米独立・親アジア派の田中角栄血脈の御仁同士で「貴方こそは」とやってみたわけです。
 対米関係を「見直す」に当たり、国内政治勢力を糾合し、CIAからの圧力を邀撃するには強権的で抑圧的な体制を敷かざるを得ないのですが、ほわ〜としている人達にはそれが理解できないのです。小沢一郎氏が構築した請願の幹事長室への一本化や農協とばしの助成制度などは親米派勢力を駆逐するための要衝であったのです。
 菅直人氏と小沢一郎氏は電話でやりとりしているそうですし、民由合併に至る過程で相互に因果を含めた関係であると思われます。CIA下部組織である東京地検特捜部によるでっち上げ捜査によって傷ついた小沢一郎氏を後に引っ込めて、当座菅直人氏が仕方なしに親米派の連中を束ねて政権運営するということでしょう。そう考えて見ると社民党は良い時期に政権離脱できたと思います。
 親米政権が出きてしまった事による副島先生の御怒りもごもっともですが、民主党政権になって変な計略逮捕や暗殺がなくなっただけ良かったと、心の底から思います。清和会政権下において政権批判はリスクが大きいものでした。私は雑魚すぎて何もありませんでしたが、私は私なりの悲壮な覚悟がありました。
 私は諸国民の代りにアメリカのプレッシャーを一身に受けて満身創痍となった小沢一郎氏に対し、深く敬服するものであります。

(参考)
[7]「6.2 反小沢クーデター」 に対して、私たちは、厳しい防御の態勢に入らなければならない。騙(だま)されてはならない。
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

○米ドル崩壊激突政権
 私は菅直人政権を「米ドル崩壊激突政権」と名づけます。ユーロ危機が喧伝されていますが、通貨の刷り散らかしをやりまくって価値が失われようとしているのは米ドルの方です。ユーロ圏の問題は「今だにローマ帝国」やっているということです。ドイツのゲッチィンゲン(Gottingen)に頻繁に出張している人の話しによると、各都市には移民用地区があり、移民用に日給2ユーロの仕事があるそうです。何度も聞き返したので「2ユーロ」で間違いありません。浦沢直樹氏の「Monster」や「マスターキートン」で描かれた移民問題があり、BBC制作の『ローマ』よろしく経済的奴隷制度が健在なのです。とはいえ、南欧の粉飾財政問題があるにせよ、GDPや単年度の財政規律があり、ユーロ発行の縛りもあります。
 一方、アメリカは今年に入っての地方銀行の破綻は80行に及び、地方債の信用危機が噂されています。米ドル崩壊と同時に日本が貸し込んでいる800兆円とも言われる資産は事実上凍結状態となり、金融機関・機関投資家・商社・多国間大企業は大打撃を受けると思われます。
 その時点で、経済界は発狂して反米に転じるでしょう。「考えないで風にそよぐ葦」である諸国民も追従して反米になると思われます。そこで菅直人政権は倒れるでしょう。いつ頃か予測は難しいのですが、早ければ今年秋から年末、遅くとも2012年頃でしょうね。そこで、小沢一郎氏を中心とした日本の統治構造改革及び1次産業・2次産業の自給率を引き上げも含めた日本国建て直しが始ると思います。

(参考)
英BBCと米HBO合作ドラマ『ローマ』のご紹介
http://ameblo.jp/judesienna/entry-10101012382.html
バフェット氏:米地方債に恐ろしい問題生じる−連邦政府支援に発展も
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=asFR595rbgek
イラン中銀、450億ユーロ売却しドル・金購入へ=国営メディア
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-15642420100602?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0
(↑なんてアホな決定なんでしょう・・・)
ベンチャー革命2008年1月4日: 日本国民はなぜ、貧乏化しているのか
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr251.htm
posted by たかおん at 10:32| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック