2010年06月20日

ビールは止めて焼酎にしましょう。

index.php.jpg
○ビールは太るし、高いです
 酒なんか飲まなければ良いという意見もあろうかと思いますが、ストレスフルな社会においては飲まずにいられないのでありまして、どうせ飲むなら体と財布への負荷が低いものを望むのであります。
 ビールは高いですし、プリン体や高い糖度が体に負荷をかけます。炭酸も体に良くないようです。発泡酒や「その他の発泡性酒類」などもありますが、なんだかあんまりおいしくありません。

○御薦めは焼酎
 終戦直後は屋台で「爆弾焼酎」とやらが売られていて、飲んだら眼がつぶれたなんて話しもありました。
 今時のはそんなこともなく、甲種焼酎なら割って飲めば口触りも爽やかです。
 かつて日本一の長寿であった 泉重千代さんが、毎晩、晩酌に黒糖焼酎を飲んでいたそうです。できれば、黒糖焼酎を飲むと良いかもしれませんが、高いので買えません。私は紙パック入りの甲種の麦焼酎を水で割って飲んでいます。
 甲種と乙種は蒸留法による差のようです。糖蜜などを混ぜていない100%麦や米原料の焼酎を選びましょう。

○環境負荷を考えましょう
 ビールはアルミ缶が主流ですが、プルタブの切り屑が缶の中に落ちて、それをビールと一緒に飲み込んでしまい。微量ながらも血液脳関門を突破して脳に入り脳細胞を破壊すると言われています。瓶ビールの方が安全なわけですが、ビンをやりとりするのが億劫です。ビールを毎日1缶どころか2缶も3缶も飲む人がいるかもしれませんが、25%焼酎なら精々毎日1合程度です。
 1.8リットル紙パックなら毎日1合飲んで10日持ちます。1パック1280円ですから、1日128円です。私は飲料系は焼酎しか買っていません。コーヒーはドリップし、お茶は仕出して飲んでいます。これでお金もゴミの排出量も節約できます。
 缶ジュースの配送物流の手伝いをしたことがありますが、大きなトラックで重いものを細々と自動販売機へ配送するのは骨が折れます。物流や自販機のエネルギー消費量は多大なものです。
 ちょっとした工夫でエネルギーとお金を節約できるわけですから、やってみる価値はあると思います。皆様が鋭意努力して頂きますよう切に願います。
posted by たかおん at 12:40| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック