2011年10月20日

どうやら世田谷区弦巻5丁目高放射線量源はラジウム226だったようだ。

http://www004.upp.so-net.ne.jp/kuhiwo/index.html

http://www3.ezbbs.net/cgi/bbs?id=kuhiwo&dd=03&p=6

↑こちらに詳しい説明がある。

『現場2の高い数値のグラフの最初、600KeVのピークが1ちゃんほど左にズレているのも214Biの0.609MeVのピーク拾ってます
ね。』


『戦後だったら発光塗料としてのラジウムかなぁ・・・おそらく塗料だと思います。』

『弦巻関連でカンパチ登りながら周辺の公園もつぶさにγ線測ったけどもさ、みんな概ねちょこっとセシウムさん出てますねぇ、用賀から和光ま
で、ほとんどデータに変化無しです。ホットスポットとか出来ずに、均一に降ったんでしょうねえ。ちなみに芝生で取ると殆ど全部同じですね。 』


『おれっちの生まれ故郷の葛飾でホットスポットっつー記事なんだけどもさぁ、世田谷の件もそーだけども、んな10mか5mで急激に値が下がる
ようなホットスポットってぇのは、人為的か、地形的なもんの2つしかありえないんすから、そんなに騒ぐようなもんじゃねーんじゃねぇんかなぁ。やばいのは
柏流山松戸みたいな、あきらかに気象的に発生した100m単位で連続する高値なんじゃね? んな排水口の上や沈砂枡の上で毎日生活しているわけじゃあない
んだしさぁ 』


『公園の砂場が高い数値ってのも実に馬鹿でたものでして、そもそも降下してきたセシウム微粒子が砂場だけホットスポットつくるわけもないこと
くらいマトモな頭なら分かりそうだが・・・つまり元々の砂にあった放射能が+されているだけでしてね、40カリウムの。だから砂場にシーベルト測れる機材
で高いだ低いだ、実はまったく意味が無い。40カリウムの放射能はかっているだけっすから・・・で砂場の砂入れ替えって馬鹿すぎだろ・・・ 武田邦彦先生
もこーいうトコつっこみ入れてくれりゃいいのに・・・ 』


214Biの推定もラジウム226の崩壊過程で最後は214Biになるそうなので、辻褄があう。

東海アマ氏は床下に線源があることと、1mぐらいで高い線量が計測されることの整合性を説いていたので、みごとに正解だった。確か土で遮蔽さ
れるとかいう話しだった。


ラジウム226撤去後測定した人の報告

世田谷区弦巻5丁目で放射能を測ってみた3

http://www.youtube.com/watch?v=LN83alJaDmc

東京都世田谷区弦巻5丁目周辺の放射線量測るねレポート

http://hakatte.jp/spot/17609/




2011.10.13, 東京都世田谷区弦巻5丁目へ行ってきました。

http://universedrops.blogspot.com/2011/10/traveling-photographer-vol-132.html

私が言うのもなんだが、「私の話しはいい加減」だなぁ。信じないほうが良いw
posted by たかおん at 20:50| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック