2007年09月06日

郵政民営化の弊害はこれから顕在化する---郵政民営化は凍結し、日本郵政株式会社上場を阻止せよ!---

geppo_3.jpg2005072601_01_1b.jpg
○郵便局の販売した投信は半分が元本割れ!
 郵便局に行きますと、投資信託販売促進ビデオが延々放送されております。銀行ですらそんなエゲツナイことはしません。
郵政民営化後の経営を担う日本郵政株式会社の社長に西川善文が就任しました。西川善文は、三井住友銀行頭取時代に「融資と抱き合わせでデリバディブ商品(リスク商品)を中小企業に押し売りしていた」ということで、2006年4月27日に金融庁から処分を受けました。「銀行は融資するという強い立場を利用して他の金融商品を抱き合わせで販売してはいけない」という法律がありますが、それに違反したということです。
 既に郵便局の郵便貯金を「元本保証」を謳って投資信託を買わせ、その投資信託が元本割れしたので揉めたなどの事例が起きています。
 郵政民営化以後も、西川善文流投資信託違法押し売り郵便局体制が強化される恐れが懸念されています。
 また、1千万オーバーの郵便貯金は国債に振り向ける法改正がありました(^-^;

○「料金別納」で切手納付廃止
 2007年7月1日から「料金別納」の”料金割引適用”の料金納付時に切手が使えなくなりました。殆どのケースで料金別納郵便で切手が使えなくなりました。
---以下転載---
タイトル : 広告郵便物等の料金支払方法の変更について
http://www.japanpost.jp/pressrelease/japanese/yubin/070111j201.html
「料金別納とは、郵便物を差し出される際に料金額に相当する郵便切手又は現金等(現金及び一定の小切手等の有価証券)によりお支払いいただく方法ですが、広告郵便物及び区分郵便物を料金別納とする場合の支払手段から郵便切手による支払を除く(現金及び一定の小切手等の有価証券による支払に限る。)こととします。」
---転載終わり---
 これにより金券屋での切手相場は値下がりしています。退蔵している切手の事実上の価値切り下げです。
 例えば、デパートが自分の所で発行した商品券を「バーゲン品には使えません!」と宣言したらどうなるでしょうか?信用はガタ落ちです。
 しかも、デパートの商品券と違って、郵便局の退蔵・死蔵されている切手の金額は膨大です。額面の小さい記念切手は事実上無価値に近くなるでしょう。
(参考)
「別納」廃止、切手暴落 [切手]  
http://blog.so-net.ne.jp/iwasky/2007-07-02
別納郵便27億損失 公社「全額」賠償提訴へ
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20060626mh13.htm
郵政公社が賠償請求訴訟を起こすのは、渋谷区神宮前の「マックアンドサンク」やその子会社。

○払い込み手数料暴騰!
2007年10月1日の民営化と同時に、郵便郵便貯金の振り込みや為替などの手数料が大幅
値上げになります。
年間利用実績3億5000万件に上る「通常払い込み」
現行150円→330円 2.2倍値上げ
「電信現金払い」
現行180円(1万円まで)→630円 3.5倍値上げ
「公共料金の払い込み」
現行30円→240円(3万円以上) 6倍値上げ
「定額小為替」
1枚10円→100円 10倍値上げ
(参考)
郵政民営化「凍結」法案 成果は「便乗値上げ」 (ゲンダイネット)
http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/society/story/27gendainet02033411/

○郵便局の労働環境の悪化
 郵便局の労働環境が悪化しているらしいです。関連各ブログを読んでみてください。小さな特定郵便局は3分社化によるものと思われる影響で、以前は複数窓口を兼務していたのですが、今は各窓口に1人ずつ配員となっています。小さな郵便局で3窓口+局長=4人から5人となっています。外形的に見て、採算が合わないと思われます。
 また、地方の局では時間外窓口業務を廃止、集配業務の統廃合を進めており、都市と地方の利便性に差がついてきています。しかも、郵便局側は地方のポストの集荷回数を3回から2回に減らすことを示唆しています。
 郵貯・簡保は1999年から純減の時代に突入しており、窓口を開けてけば開けておくだけお金が流出していくのです。郵便局側は本人確認の厳格化で仮名口座の実質的差し押さえで対抗しているようですが、いずれ行き詰まるでしょう。
(参照)
郵政民営化を監視する市民ネット
http://ubin-watch.ubin-net.jp/index.htm
郵政民営化について考えるblog
http://black.ap.teacup.com/blackcat_kat/

○アメリカの対日要求の結果の郵政民営化
 郵政民営化は2005年3月1日付の「USTR通商交渉・政策年次報告書」です。米国の要求に基づいて、郵政民営化法案は強引な成立を行ないました。
 遡ること、2004年8月に米国側が「簡保と民間事業者の間に存在する不平等な競争条件」が解消されるまでは「簡保が新商品提示を停止するよう」日本政府に要求したといわえています。 郵政民営化は郵政米営化とも揶揄され、アメリカによる簡保市場の明け渡し要求である観点はかなりはっきりしています。
 一方、郵便貯金の運用についてもゴールドマンサックスとの関係が深い西川善文が社長に就任したことにより、ゴールドマンサックスによる資金運用が噂されています。
 郵政民営化法案は竹中平蔵の秘書官岸博幸の作文と言われていますが、最も理不尽な点は10年で日本郵政株式会社の株式を全部売却することが明文化されている所です。NTTでさえ過半の株式を財務省が所有しています(今はどうかな?)。なぜ、日本郵政株式会社の株式はすべて売却しないといけないのでしょうか?


○郵政民営化凍結法案成立を!
 諸外国では郵便事業は国営を維持しています。郵便事業を民営化して失敗して国営に戻した国もあります。電子情報化社会においても公的な信書は郵便配送に頼らざるをえず、信書の信頼性が保てなくなることは、生活インフラの一つが破壊されることを意味します。現在会期中のの臨時国会で民主党が野党共同で郵政民営化凍結法案の提出を決定しました。私は日本国民の生活と安全のために、野党は郵政民営化凍結法案成立を全力で目指して欲しいと願っております。

posted by たかおん at 11:38| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(3) | 経済問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わんわんらっぱー様、はじめまして。
「郵政民営化法案凍結」キャンペーンへのご協力ありがとうございました。
御ブログとは政治的な立場が大変に近いようです!
今後ともよろしくお願いします。m(__)m
Posted by 喜八 at 2007年09月22日 10:53
たかおんです。
喜八様、こんにちは。
僕も郵政民営化は断固阻止すべきだと思います。
テロ措置法云々は小さな話しで、戦争推進のための資金供出という大きな話しが郵政民営化のようです。
皆さまと共に郵政民営化阻止で論陣を張りたいと思います。宜しくお願い申し上げます。
Posted by わんわんらっぱー at 2007年09月23日 11:11
アーロン・ラッソがグーグルビデオに登場したよ。
http://video.google.com/videoplay?docid=-1706395006605493185&hl=en
Posted by at 2007年10月18日 22:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

有価証券報告書/有価証券報告書
Excerpt: 有価証券報告書について悩みを解決するには、まずは有価証券報告書についての正しい知識が必要です。そこで、有価証券報告書についての情報を集めました! 有価証券報告書について調べて、有価証券報告書に関す..
Weblog: お悩み解消ネット
Tracked: 2007-09-07 10:14

「郵政民営化法案の凍結」キャンペーン
Excerpt: 「郵政民営化法案の凍結」を訴えるトラックバック・センターを設けました。郵政民営化法案の凍結を実現させましょう! 米国金融資本による経済侵略(かっぱらい)を阻止しましょう! ブロガーの皆様、ご協力をお願..
Weblog: 喜八ログ
Tracked: 2007-09-21 22:33

郵政民営化の凍結は、あらゆる改革につながる本丸。
Excerpt: (人気blogランキング参加中。) 郵政民営化の凍結を改めて訴えます。 郵政民営化についての私の前のエントリーでも書いたように、また、郵政民営化を凍結しようと訴えるブロガーたち(とむ丸さん..
Weblog: 村野瀬玲奈の秘書課広報室
Tracked: 2007-09-22 22:42