2007年09月16日

反・赤木智弘掲示板-「戦争は希望」とはリセット願望ゲーム脳にすぎない-

sensouhouki.jpgせっちゃんさんが「反・赤木智弘掲示板」を設置しました。
http://otd13.jbbs.livedoor.jp/1000041310/bbs_plain
「丸山眞男」をひっぱたきたい 31歳フリーター。希望は、戦争。
http://www7.vis.ne.jp/~t-job/base/maruyama.html
「戦争が希望」というアジ文章で若者受けしている赤木智弘が新著を出版するということで支持者(^-^;がブログで盛り上げ行為を行なっている。
希望は、戦争?blog 〜「丸山眞男」をひっぱたきたい Returns〜
http://d.hatena.ne.jp/t-akagi/

○赤木智弘がダメなところ
 赤木智弘の場合、「自分が報われないから日本社会に災い(戦争)あれ」と言っているわけです。赤木の仮想敵は日本社会そのものであるわけです。 そして、赤木智弘がダメなところは、自分がダメな状況だから他の連中もダメになれ、と主張している点です。
そもそも、広い意味では労働市場で競合する他者に対して
「おれは貧乏で救われないので、お前らも貧乏しろ」
とは片腹痛すぎです。
 皆が良くなれば、俺も良くなるという、というのが古来からの「哲学」でした。
 志ざしを失った悲惨な状況を敢えて文章化すると、「戦争は希望」ということになるのだと思います。
 一言で言えば、赤木智弘というのは病める現代日本社会の象徴と言えるでしょう。また、「戦争が希望」と戦争を煽動するが如き言動をする人間の本を出版する双風舎は指弾されてしかるべきでしょう。少なくとも私は双風舎に対して反社会行為を謹むように指摘はします。赤木の本を双風舎が出版するのであれば、双風舎は出版社として求心力を失い、そう遠くない将来経済的に行き詰まるでしょう。

○ 左翼としてみれば、日本社会への怨念をむき出しにして「戦争が希望」と言う赤木は敵以外の何ものでありません。
 最近は「左翼」というのが差別語のようですが、私は
「なろうなろう立派な左翼に明日なろう」
と思っていますので、たかおん様こそが左翼を体現しているつもりなのですから、たかおん=左翼と指摘して頂けるのは大変に名誉な事です。
 確かに新社会党の栗原委員長はホームレス救済をしていますが、別に左翼というのは赤木の様な人間を救う為だけにいるわけではありません。現代日本社会の左翼はある意味戦争アレルギーを糧にして生きているわけです。つまり、「戦争が希望」と言い募って憚らない奴が出てきたら、そういう奴を叩きつぶすためにいるわけです。
 赤木は貧困と戦うわけでもなく、処方せんの提示をするのでもなく、「日本社会に災いあれ」と日本社会総体の貧困を目指す言動をしているのです。赤木は「自分は困窮している、困っている」というだけで、具体的に何をしたのか、してあげたのかという論点はなく、ただ、日本社会に対して稚拙で迂遠な恫喝をおこなっているだけです。
 統治にいる人達が善良で貧困層の事を考えていれば、そもそもこのような超格差社会にはならなかったと思います。格差社会を作った統治は「戦争が希望」と公言して憚らない人達に対して、どのように対処するでしょうか?ひょっとして、赤木達は統治や周りの人達を恫喝したら自分たちが救われると考えているのでしょうか?赤木達が吹き上げれば吹き上がるほど、統治や周りの人達は態度を硬化させ、ますます格差社会が酷くなり、固定化していくでしょう。
 私にとって影響力の差から考えれば、安倍晋三は脅威でしたが、赤木は脅威ではないかもしれません。実際の所、「日本社会に害悪を与える言動でも、儲かれば良い」という資本の論理で動く出版社に赤木は乗せられているだけでしょう。それでも、赤木の言っていることの本質的な危険性が解らないバカが溜まって吹き上がっているのを見ればコメントをするべきだと思うわけです。

○「崇高なる自己犠牲」と「赤木の他者犠牲要求」
 イスラム復興運動の自爆攻撃の場合は民族や宗教の為に、究極の自己犠牲を用いて奉仕するということです。フィアンセを殺された17歳の少女や70歳の普通の温厚そうなおばあさんがお腹に爆弾を巻いて、自爆攻撃に及んでいます。
 一方、赤木の場合は「自分がうまくいかないから、お前ら痛い目みろや」という、究極の他者犠牲を強いる論説を張っています。ある意味対照的なわけです。
 仮に格差社会に憤っても、少しは恥じらいというものがあれば、「幸せな奴がむかつく」なんて言わないわけです。
 赤木の文章読んでて思うんですが、よくある情報だけ渫ってくっつけただけだなぁ、と思います。
どうも、赤木本人は丸山眞男の著書は読んでいないようです。丸山眞男を引用した文章を一部引用して「引っぱたきたい」と書いたようです。 丸山眞男の本を読んでいたら、指が裂けても「戦争が希望」なんて書けないですね。

○戦時体制下で「戦争が希望」とは珍妙なり
 そもそも、ある程度の「自由貿易を抑制」した保護貿易の枠組みを作り、労働者派遣法撤廃やマクロ経済を踏まえた低所得者優遇税制を含む財政政策を行なわなければ、貧困層の発生を押さえることは出来ないわけですから、そこに踏み込まないで「戦争で一発逆転」などと言えば言うだけ、本質的な解決から遠のくだけなのです。
 そして、赤木の事実認識がおかしいです。日本は交戦当事国とは言いがたくも、イラク・アフガン戦争の兵站や資金供給を担い、アメリカを支援している。広義においては戦時下であって、「戦争が希望」という言動がでてくること自体がおかしいです。おかしい赤木をおかしいと認識できずに、もっともらしく「解説」して悦に入っている連中も赤木と同等以上におかしいです。
 アメリカは戦争で経済を下支えしていますが、供出一方の日本は国内景気が低迷しています。戦争に行って死ぬのだけが「戦死」ではなく、戦争により困窮する事態に追い込まれて死ぬのもある意味「戦争による死だから、戦死」です。日本は経済的な自殺は毎年15000人と言われていますから、イラク戦争による戦死者よりも遥かに多いです。
 日本銀行は外国為替資金特別会計の「米国債保有額」を発表しなくなりました。通貨発行権は日銀にありますが、為替介入権は財務省にある。この”ねじれ”に鍵があります。
 日本は中央銀行による財政政策のチェック&バランスが効いていないのです。政治的な意志が介入する為替介入によってアメリカに巨額の資金が渡っています。ここを是正して財政政策によって日本”国内”経済を誘導しなければ、貧困層に出口はないのです。 

○戦争による再分配などあり得ない
 戦争による再分配を唱える人が居たので、先制して茶かす文章を貼っておきました。

その1
 赤木なんとかは「戦争が希望」ということなので、先の戦争に擬えれば、日本はアメリカの植民地なので、アメリカ帝国様の戦争遂行におかれましては、副大統領チェイニー閣下様の法人ハリバートン様がニポン人を強制連行して。アラスカあたりで鉱物資源の掘削に担当させるのが妥当だと思います。
 よって、赤木なんとかと愉快な仲間達はツルハシとスコップを持ってアメリカ大使館前に集合してください。

その2
 赤木なんとかは「戦争が希望」ということなので、先の戦争に擬えれば、日本はアメリカの植民地なので、アメリカ帝国様の戦争遂行におかれましては、太平洋戦争中に命ぜられて止むにやむなく捕虜の管理を行ない、戦後BC級戦犯として裁かれた悲劇の軍属よろしく、アメリカ帝国B層ニポン人がアブグレイブ刑務所やグァンタナモ米軍基地で捕虜の管理でもすれば良いかと思います。
 よって、赤木なんとかと愉快な仲間達はSMショップでムチを買ってきてアメリカ大使館前に集合してください。 サド気のある女性も参加可能です。
posted by たかおん at 20:36| 埼玉 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 経済問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然のコメント失礼いたします。
ブログ拝見しました。とても素晴らしいブログですね。
これ、作るのすごい時間かかったんじゃないでしょうか?
内容も充実してますし、ブログ作るのも大変ですからね。
私もブログ作っていますので、ブログ作りの大変差も楽しさも
わかってます。すごく良いブログだったので、思わずコメント
してしまいました。また、じっくりと過去の記事なども読ませていただきます。
Posted by ナンパ師 at 2007年09月19日 21:09
赤木なんとか(笑)は自衛隊に願書を出したら良かったんですよ。
自衛隊は国家公務員ですから喰いっぱぐれることもないでしょうに。
でも無理か、年齢制限に引っかかるかもしれないし、何より体力検査で落とされそうだww
Posted by コメン徒 at 2007年11月05日 13:08
ハッキリ言って、赤木って人は近代戦や正社員のことナメてると思いますよ。

現在の軍隊では、兵器の性能が勝敗に直結します。ここでは高度な技術を使った扱いの難しい兵器を、扱える人間が役に立つわけです。外部の人間が簡単に入り込んで戦場で役に立てると思ったら大間違いです。

今の段階で正社員として通用しない人間だったら、簡単にクビになってしまうでしょう。

また、戦争で皆が貧乏になった後のことを考えても、早く立ち直るのは「高度な仕事をして実力を日々付けてきた」正社員だと思います。実務経験はあるし、経験に裏打ちされた知識は持ってるし、人脈だってある。社会全体が経済的に追い込まれれば追い込まれるほど、この実力はモノを言うと思うのです。

実際の昭和の日本でも、戦後の復興をやった人間と言うのは、戦争中から現在で言う正社員のレベルで仕事をしてきた人間だったと思います。社会の底辺の実力の無い人間は決してのし上がれはしない。

現実を冷静に考えれば考えるほど、戦争などでフリーターに希望は出来ない、という結論になると思います。それが出来ないのは、無知なのか、妄想に走っているのか、大変興味深いところです。
Posted by スノーラビット at 2007年12月25日 17:32
侵食される日本
世の中には、宗教から生き方を学びたいという個人もいるだろう。まして、ある宗教の教えに出会うことにより、生き方が変わることもあるだろう。しかし、宗教の押し付け(強要)は個々の価値観を押し付けるのと違い性質が悪いのではなかろうか。個人が宗教を持ち静に生活して行く分には何の問題も無いかもしれないが。それが、押し付けにより信者たちが増え過ぎカネが入り巨大宗教集団となり、権威・権力を握ることとなり、他の宗教を敵視し宗教間の闘争となり国民に不快感を与える現実が実証されている。まして、在日朝鮮韓国・朝鮮人同胞・渡来帰化人子孫を集め、本来の宗教を忘れ日本国内に教団を構え宗教を利用した政治政党による反日感情を植え込む危険な反日思想宗教団となってしまった、宗教団もある。

そんな宗教団の教組が説いた教えに少しでも反発すると、自分の生みの親たちが馬鹿にされたよりも、反日感情を丸出しにし。反日国家が馬鹿にされたよりも、目を吊り上げ髪を振り乱し半狂乱になる。まして、日本国内に住む在日人特有文化思想をもって「敵だ・戦いだ・殲滅しろ」「嘘も百遍繰り返せば真実になる」と、私が反韓・反朝国家の敵の如く、罪悪の根源のように人格否定流布する魂無き創価団池田教の恐ろしさが実感・実証できる異常的宗教団でもある。

また、池田センセイは絶対の神であり善であると激しく思い込み、思わされ。信者は、この人間界に絶対というものは無いことを分かっていながら、あたかも絶対というものがあるような気にさせられる効果を教義によって教え込まれて洗脳され。反国家宗教であるカルト宗教集団、霊感宗教となり下がるしかないのだろうか。

そんな訳で私は納得も得心もしました。宗教とは目を吊り上げ髪を振り乱し、半狂乱になり嫌がらせするだけの恐ろしい魔物であり、まして信用したら大変なことに巻き込まれるだけ。そんな訳で私は、宗教というものは一切信用できなくなりました。
また、創価学会池田教に限り、先進国である日本の文化には合わない宗教団ではなかろうかとも考え直しました。

そんな、恐ろしい反日宗教団が日本国侵略のためにか画駄策している法案が、憲法違反でもある「外国人地方参政権付与法案」曖昧で目的がはっきりしない、創価団に都合のよい「人権擁護法案」。それに貧困に喘いでいる日本国民より優遇・特権されている、「在日特権」(特別永住資格・生活保護優遇・通称名制度・他補助金制度)の全面廃止を、日本国の未来に輝く子供たちのために。次世代に引き継がせないために大反対しましよう。 
(練馬創価学会の真実より)
Posted by sawas at 2008年01月24日 11:04
>sawas
靖国カルトも同じだろうに。
ああ、近親憎悪か。

>それに貧困に喘いでいる日本国民より優遇・特権されている、「在日特権」
どこのコピペを間に受けたんだかw
自分で調べて判断する頭はないのかw
Posted by at 2008年05月13日 13:16
「平成の黙示録」という表題の私説を公開しています。
http://makoto-ishigaki.spaces.live.com にアクセスしてください。
Posted by 石垣眞人 at 2008年08月05日 15:00
http://www.h-rush.com/ <a href="http://www.h-rush.com/">エッチチャット</a>
Posted by at 2010年04月11日 04:32
Amazonの赤木智弘の本へのレビューに

「田島隆の『カバチ流人生指南・弱者はゴネて、あがいて、生き残れ』を読んだ後では…」

ってのあった。
田島隆さんって知ってますか?

「週刊モーニング」の「カバチタレ」シリーズ

の原作者の「町の法律屋」です。
上記のタイトルの本は彼の自伝だが、びっくりしたのが、

「『カバチタレ』で描かれた『悲惨で壮絶なエピソード』は大半が作者の実話」
だった事(レギュラーの栄田千春の過去の境遇はモロ)!
これ原作共々必読!
赤木智弘は「ゴネて」も「あがいて」もない「みっともなさすぎ」な存在だってわかります。
Posted by 破れかぶれ at 2015年09月06日 16:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック