2008年01月27日

縦狭テレビの恐怖 CanonパワープロジェクターSX50を導入

TVsize_kanzan.jpg○縦狭テレビの恐怖
 故・長岡鉄男先生は横長テレビを「縦狭テレビ」と呼んだそうです。地上波デジタル対応テレビは言うに及ばず、パソコンディスプレイにおいても縦寸(縦ドット数)が必要なのになぜか横長ディスプレイが増えてきています。
 私は一般的なAVマニアのような洋画はあまり見ません。というか、アメリカ映画は極力見ないようにしています。見てもつまんないのです。ハリウッドの大見得切ったわざとらしい演出やシナリオにへき易しています。一方、ヨーロッパ系の映画は良いものが多いです。
 おおよそ、アニメを主体に視聴しておりますので、画面は4:3のサイズが良いのです。横長のビスタサイズのアニメも増えては来ましたが、今のところの過去の遺産を踏まえると、やはり、4:3のサイズが良いわけです。
 ホームシアターの場合はプロジェクター投射の映像を見ることになります。そうなりますと、リミットは縦寸で決まります。一般家屋の屋内は2.3m〜2.4mです。仮に16:9としますと、横幅は4.62m程度になります。
 音声透過型のスクリーンを使えば、横幅4.62mも可能かもしれませんが、普通にスクリーンに投射もしくは壁紙に投射する場合は、4.62m幅の外側にスピーカーを置くことになります・・・ってスピーカーの横幅も含めると無理でしょう。30畳とか40畳ぐらいの部屋なら可能かもしれまんがね。
 縦2.3m×横3.0mが私の今の見ているサイズです。150inchサイズとなります。で、XV-Z90Sというプロジェクターを使っていました。いわゆるDLPプロジェクターです。当時としては革新的な画質でした。今見てもすごいと思います。一時期は後継機種のXV-Z3000の乗り換えようと考えましたが、投射距離が長すぎで断念しました。そうこうしているうちに、横長プロジェクターが主流になってきました。私にしてみると、横長ではなくて縦狭です。D-58ESとD-150を並べて使っていますし、更にその外側に低音用のスピーカーを置く関係と、リスニングポイントの距離の関係でこれ以上画面に横幅を割けません。スクリーンは横幅3.0mが限界なのです。
 ですから、買い替えるのなら4:3型の縦広プロジェクターしか考えられないのです。ネットでいろいろ調べてみると、パソコン接続用のプレゼンテーション用プロジェクターでは4:3型があるようでした。しかも、御丁寧にも投射距離が短いので、150inchも確保できます。
 プロジェクターのデバイスも反射型液晶が先端を行っているようで、いろいろ調べて結果、偽装請負で有名な経団連会長を排出したCanonの中古を探すことにしました。理由は良くわかりませんが、法人利用のリユース品?と思われる安い出物が多々あるようです。時間をかければかなり安い買い物ができそうでしたが、メーカー調整済み品というのを買ってみました。

○CanonパワープロジェクターSX50を導入
 で、まず、コンポーネント端子をRGB端子変換コネクタで接続しましたが、「緑」しか映りません。しょうがないので、S端子で繋げています。HDMI-DVI-I変換ケーブルを注文したので、接続方法を換えたら再度評価を書きたいと思います。
 S端子接続での評価ですが、赤が淡いような気がします。緑は深いです。いろんな画質モードを試しましたが、結局「スタンダード」「標準」(ファンの騒音モードのこと)で、赤を+1・緑を-1にしています。解像度は格別で、アニメを見てると顔とかスタイルは精緻に描いていますが、「手」の描写がいい加減なのが気になるくらいです。顔の輪郭線がはっきり見て取れて「描いた画」いうのが意識の上に昇ってきてしまうぐらいです。
反射型液晶パネル(LCOS)のお蔭で、ドット間の隙間はありません。密度も色乗りも濃厚な映像となっています。うーん、すごい。やっと、映像が音声のレベルに追いついたような気もします。もう、映画館には行かなくて良いです。
 SX50のデメリットについても言及しておきます。まず、黒浮きが激しいです。対策としてKenkoの49mm口径のレンズフィルターを装着している方もいらっしゃるようです。プレゼン用に「白」を基準にして設計されているから仕方ないようです。後継機種のSX60以降はホームシアター用にも設計しているので、黒浮きはないようです。私は暗部が黒く潰れて見えないより、黒浮きしてても見えたほうが良い派なので、黒浮きについてはあまりデメリットを感じません。
 後はホコリの問題です。DLPはユニットが外部と隔絶しているので、ホコリが入りませんが、液晶パネル式のプロジェクターはやがてホコリがパネルに付いて、画面に写りこんできます。こまめにフィルターを清掃し、一定期間にたっしたら、筐体を開けて清掃せざるを得ないようです。

SX50 クチコミ
http://bbs.kakaku.com/bbs/00881010642/

オーエス、アスペクト比16:10のスクリーンをラインアップ
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=386307&media_id=36
posted by たかおん at 23:29| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 自作スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

松下電器産業 液晶プロジェクター用コンポ
Excerpt: 松下電器産業 液晶プロジェクター用コンポーネントケーブル TY-SC10CP・ホームシアター用スクリーン・TOSHIBA TDP-ET20 ホームシアタープロジェクター 80インチスクリーン ...・..
Weblog: あやねのblog
Tracked: 2008-02-10 21:11