2008年04月21日

自動車重量税暫定税率期限切れ迫る-ユーザー車検の薦め-

051026.jpg
○自動車重量税暫定税率期限切れが迫っているようです。
 5月1日に自動車重量税暫定税率が期限切れになるようです。業者に頼めば17日以降の車検期限のクルマは「保安基準適合証」を発行して貰い、5月1日以降に陸運局に適合証を提出すれば、自動車重量税は本則税率での課税となるようです。
 0.5トン当たり6300円が2500円になります。貨物自動車は車両総重量で課税されますから、かなりの減税になります。実際は「暫定増税が本則課税に戻るだけ」ですが。

○事業用は優遇されていますが
Wikiによると『しかし本則とは別に、以下に示す暫定税率が定められており、30年以上(2006年現在)にわたって本則に基づく税率より重い課税がなされている。このことから、暫定税率でありながらこれを長期間適用して課税していることが問題視されており、さらには税金の使い道である道路特定財源の中でも本州四国連絡橋公団の債務の返済が2007年度に完了することや、昨今の公共事業費縮小による財源余剰(税金が余り)が7000億円も見込まれることから、見直しが叫ばれている。』
とのことです。
 事業用は優遇されて本則課税と同じぐらいの税率『2500円/0.5トン→2800円/0.5トン』になっています。事業用の車輌の方が使用頻度が高いのに税金が安いという変な話しになっています。

○ユーザー車検の薦め
 車検はユーザー自らが行なうことが出来ます。自分でやれば、書類を書いて、自賠責を払い、重量税を払い、車検窓口に書類を提出して、検査ラインを通って、合格すれば、新しい車検証が発行されます。
 陸運局の人から聞いた話しでは、吉田茂の娘が(自家用車が超贅沢品の頃)ユーザー車検に行った所、車検通らなく、ぶち切れた吉田茂が車検制度そのものを無くす動きを見せたところ、ユーザー車検の取扱いが良くなったそうです。とはいうものの、ユーザー車検が認知されて、陸運局がユーザー車検対策に真摯に取り組みはじめたのはここ10年ぐらいでしょう。
 車検自体はスムースに進めば、30分ぐらいです。これを業者に頼むと、安い代行業者でも2万円ぐらいとるでしょうし、しかも代行業者は何も整備しません。自動車整備業者に頼むと、6万円〜8万円ぐらいは取られるでしょう。しかし、整備内容を見てみると不要なことをしている場合も多く、無駄にいじるので、車検後にクルマに不都合が起きることもあります。常日頃から自分で管理する習慣を付けたほうがよいです。特にバッテリーは3年に1回は変えるようにしましょう。
 なんでも、お任せは良く有りません。任せるしても「委任状」は書かないといけないし、車検の間はクルマが使えない状態かもしくは代車を利用することになります。全交通量の内、0.5%ぐらいは車検関係で動いていると仮定すると、不慣れなクルマで運転する事故誘発の危険性を考えれば、ユーザー車検が社会環境に与える優位性は存在すると思います。

○洗車はオート洗車が良いでしょう。
 洗車を自分でやる人も多いようです。小型乗用車ならささっと出来ますので、自分で洗車するのも良いかもしれません。1Box車やバン型のトラックを丹念に自分で洗うと数時間かかってしまいます。1Box車も乗用車も同じ値段(500円)で洗車できますので、1Box車以上はオート洗車が良いと思います。バン型のトラックは宇佐美のオート洗車が良いです。法人カード会員だと1200円です。

○首都高速値上げ対策
 今年の10月頃に首都高速の値上げがあるという話しです。
『東京都内で現在、一律700円の普通車は、距離に応じて400〜1200円となる。いずれも、ノンストップ自動料金収受システム(ETC)の利用を前提にした料金体系で、現金払いの場合は上限料金1200円が適用される。来年10月をめどに実施予定だが、距離によっては大幅な値上げとなるため、利用者の反発も予想される。
 新料金案は、ETC利用の普通車について、都内のほか、一律600円の神奈川県内では400〜1100円に、一律400円の埼玉県内では300〜550円とし、利用距離に応じて、初乗り料金に50円刻みで上積みする仕組みだ。
2007/09/20 讀賣新聞』
 悲惨なのはETCの未装着車です。問答無用で最高額の1200円が徴収されるそうです(^-^;
 首都高速の場合19kmが従来の700円料金の分岐点になるようです。5号線なら戸田南から一ツ橋までの、内環手前まで乗って、700円になるようです。私の場合は殆どの場合、内環まで入ることはありませんので、高くはならないかもしれません。
 仮に横浜パシフィコへの納品はかなりの値段になりそうです。1200+800の2000円ぐらいでしょうか。現在、700+600=1300円ですので、700円アップです。これを関越-環八-第三京浜経由にすれば、500+300=800円で済みます。ですが、高井戸付近での渋滞を考えると、荷物を積んでない帰り限定利用になるかもしれません。
 船橋方向は700円が1200円で、500円アップです。船橋方向は外環が開通すれば、外環を使った方が安くなる公算が高いです。
 地元の富士見川越有料道路が2009年に料金所廃止になるんので、利用頻度の高い地元の有料道路の無料化と首都高速の値上げで相殺になる予定です。
 ちなみに、富士見川越有料道路無料化を見込んで富士見市役所前に建設予定だったららぽーとは地権者の一人がどうしても土地売却に同意しないため、正式に断念した模様です。まぁ、あった方が良いような、交通渋滞するからいらないような・・・(^-^;

○何事も自分でやるようにしよう!
 業者に車検に出すと調子が悪くなって帰ってくることがあります。業者にもよるのかもしれませんが、バッテリーは充電だけしてカネを取るので、同じバッテリーを延々使うので、ある日突然セルが回らないなんてことになります。
 クルマのメンテナンスも自分の体のメンテナンスも似たような所があると思います。なるべく自分で気を使って体の健康を保つようにして、重篤な事態に陥ったときだけ医者にかかるようにすべきです。単に薬を処方して貰うだけなら、薬局の利用や個人輸入代行業者を使うという手もあります。
 それとクルマも同じだと思います。クルマの維持・メンテナンスも自分でできる部分や自分でやるべきです。
 日本が戦争に負けた要因の一つに、クルマの普及率の差から生じた機械知識の差が言われています。アメリカは日本よりも先んじてクルマの普及が進み、一般市民レベルでも機械を触る機会が多かったので、軍隊の機械化に適応しやすかったということが言われています。
 私の母方の祖父は、インパール作戦で有名なビルマ方面司令部付きだったそうです。当時としては珍しく自動車免許を持ち、運転やメンテナンス修理ができたので、本部付となり、ほぼ玉砕が報じられたインパール作線を行なったビルマ戦線から生きて帰ってこれたそうです。
 今時は情報戦の時代ですから、もっとも求められているのはコンピューターのハードウェア・ソフトウェア技術全般なのかもしれません。それでも、機械産業あってのコンピューターですから、機械に関する理解力を高めておくのは無駄ではないでしょう。

ユーザー車検ガイドY-works
http://www1.plala.or.jp/yworks/
山陰総合 : 自動車重量税も期限切れ?
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=502271006
ディーゼル車輌「ポスト新長期規制」と物流に関する環境問題
http://wanwanlapper.seesaa.net/article/91615121.html
まずはクルマ利用を抑制するのが環境問題に取り組む第一歩〜自動車排気ガスの毒性はかなり高い〜
http://wanwanlapper.seesaa.net/article/61778810.html
--以下転載--
車検が安く? ガソリンに続き
<自動車重量税>17日以降の車検更新車も安くなる可能性
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=463043&media_id=2
 17日以降に車検の更新を迎える自動車の重量税が安くなる可能性が出てきた。ガソリン税の暫定税率失効に続き、重量税の暫定税率も今月30日で期限切れになる。道路財源をめぐる与野党協議が合意できず、租税特別措置法改正案の衆院での再可決をしなければ、5月1日から重量税の暫定税率も失効するためだ。
 重量税は車検の時に払う。業者に車検を頼むと、整備後に車検証代わりの「保安基準適合証」が発行される。適合証は15日間有効で、重量税は適合証を運輸支局に提出した時に支払われる。17日以降に車検が切れる車で、5月1日以降、暫定税率が失効してから適合証を提出するよう業者に頼めば税額が安くなる。
 ただ、適合証を発行できるのは指定工場の資格を持つ業者に限られる。また、書類不備や、車検が集中し手続きが遅れて車検が切れる危険もある。日本自動車整備振興会連合会は「業者と顧客の双方が車検切れに注意する必要がある」と注意を促している。
 暫定税率が失効すると、自家用車0.5トン当たり年6300円の重量税は2500円に下がる。トヨタ自動車の「カローラ」クラスのマイカーでは、2年分で3万7800円から1万5000円と半額以下になる。【宮島寛、太田圭介】
posted by たかおん at 16:35| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック