2011年11月11日

21歳原発作業員の死について東電を追及した福島県川俣町の佐久間忍氏

TOMMYさんのマイページから転載になります。
http://www.freeml.com/bl/8513681/37822/
−−転載開始−−
21歳の原発作業員の死亡について、東電社員に質問していた福島県川俣町の佐久間氏をフリージャーナリストの岩上安身氏がインタビューした動画を紹介します。

地元の人の話だけに、福島の現状がよく伝わってきます。原発事故による打撃はあまりにも大きいと言わざるを得ません。

東電が死ぬまで働かせたという「行方不明者」の人達の名前と死因を明らかにさせねばなりません!このままでは闇に葬られてしまいます。

<過去参考記事>
500mSv超被曝した福島県川俣町の21歳原発作業員が自宅で死亡。警察は解剖もせず即火葬。東電は会見で発表せず隠蔽!
http://blogs.yahoo.co.jp/neverland20050918/27054504.html
http://www.suma-blo.com/mypage/inout.php?code=zwsAbgg9Oqk%3D&m=i
==================================
「News: An enraged Fukushima citizen talks about everything」
http://fukushima-diary.com/2011/10/news-a-raged-fukushima-citizen-talks-about-everything/

内容要旨
1) 21歳の福島の労働者が心筋梗塞で死亡。報道されず、警察による解剖さえ行われていない。
 彼は自宅で亡くなったが、3月から7月まで福島の工場で働いていた。

2) 人々の注意が1号機〜4号機に向かうなか、5号機、6号機が危険な状態にある。
 日立の技術者が対応し、一旦沈静化に向かったが、現状は隠匿されている。
 東京や岩手でヨウ素131が検出されている。

3) 最悪の汚染地帯では、およそ1シーベルト毎時またはそれ以上であり、”未登録の”労働者が強制労働させられている。
 彼らは大阪のダウンタウンなどで集められ、使い捨ての労働者として扱われている
 友人の一人は3号機に行かなければならなかった。
 彼がその一帯を見たときには、1〜2Sv/hの瓦礫であふれていたが、翌朝には完璧に綺麗になっていた。
 それは非常に繊細な作業となるため、人の手で行われる必要があった。
 使い捨ての労働者が死ぬまで監禁され、労働を強制され、”行方不明”として扱われていた、と言う。

4) 警察は20キロの領域の境界内の警備は放射線のレベルを知らされていないこと。
 (およそ100μSv/hの地を佐久間氏と友人が訪れた時)多くの警官がなくなり、その死は決して報道されないこと。

5) 皆が福島に住むことを諦めなければならないとしても、真実を知ることを切望している。
 50年後に知らされたのでは、遅すぎる。

6) 放射線のモニタリングポストの一部は取り去られている。

7) 地方自治体は、汚染レベルが”低い”と市民に報道するため、実際よりも低い値の汚染マップを提示している。

==================================
内容の詳細
「川俣町の東電説明会主催者 佐久間忍さんインタビューの実況」
http://togetter.com/li/203545
−−−転載終わり−−−

補足
『福島の警備や交通整理に派遣されていた警官も、防護服やマスクなどしていなかったし、放射能の危険も教えられないまま、派遣されていたらしいと話していた。福一の終息作業した延べ人数は48万人(捨てられた防護から割り出した正確な数)になる』
ーー転載開始ーー
福島に災害派遣された大阪のレスキュー隊員、7月に内部被曝判明後何度も吐血。10月26日腎不全で死亡!(秋場龍一)
 http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/288.html
 秋場龍一のねごと ブログ
http://akiba1.blogspot.com/2011/11/21.html
【ただちに危険だ! 原発通信】21
福島に災害派遣された大阪のレスキュー隊員
7月に内部被曝判明後何度も吐血
10月26日腎不全で死亡!
IWJ_HOKKAIDOがUstreamで配信している2011.11.06「全国学校給食フォーラムin札幌」を視聴していたら、フォーラム会場の女性参加者からゲストの山本太郎さんに質問のかたちでこんな驚くべき発言があった。
その発言の趣旨をまとめると……。
――10月26日に私の友達である大阪のレスキュー隊員が亡くなった。彼は福島や岩手に災害派遣されていた。7月に内部被爆していることが判明、それでも派遣の出動命令は止むことがなかった。その後、派遣チームのメンバーの体調が悪くなりみんな辞職した。上の方から非国民扱いを受ける。友達はその後何度も吐血して、10月26日に腎不全で死亡した。
http://www.ustream.tv/recorded/18345887
(この発言は00:50:00です)
これは聞き逃せない話である。
発言の真意を確認したわけではないが、一般市民が参加する公の場での発言であり、この女性がウソをついているとはとても思えない。
この発言のことは、マスメディアで報道されていないはずだ。ぜひ「大阪のレスキュー隊員」がどこの所属なのか確認をとりたいところである。
ーー転載終わりーー
posted by たかおん at 16:53| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

川内村議ちかちゃんが「原発作業員死亡者数約4300人」について再掲載を行った。

川内村議ちかちゃんが「原発作業員死亡者数約4300人」について再掲載を行った。が、掲載しているサイトがすぐに消えることで有名なYahoo!ブログなのである。また、ちかちゃんにも削除圧力がかかっている模様だ。消滅リスクをヘッジするために、転載を行いたい。



以下転載
http://blogs.yahoo.co.jp/chikako_5155/7044200.html


***********************

東電マジ怖い。私は今日、この話を福島の人間から聞くまで、自分でゆーのもなんやけど、結構広い人脈があるので、まーまー色んな話は把握できてるかと思ってた。でも私の希望的観測に基づいた妄想は、凄く甘いことを今日、思い知った。

 

 今日、ある内部関係者の方とお話した。『原発作業員が百数名、亡くなっていて、遺体は福島県立医科大学に『放射線障害研究用検体』として管理されている話。
福島第一原発で作業員百数名が行方不明は嘘。
 
 瀬戸教授の精一杯の内部告発。たけど現実は、もっと酷かった。
 

作業員死亡者数 約4300人
一遺族への口止め料 3億円
口外したら全額没収
 

 3億以上、払う約束をされた人もいるらしい。これまでに福一原発で作業した作業員人数、のべ10万人。その4パーセントが現時点で死亡。そのほとんどが現場で死亡するのではなく、作業が終わった人が家で亡くなる場合がほとんど。死因は心筋梗塞、とか。遺族も口止め料を貰っているので、葬式も出せない。

 

 これだけネットやメディアにも告発が出てこないのは口止め料を没収されるのが怖いのだと思う。三ヶ月間、原発で働いてた人は普段の意識が飛んだり、体に黒いアザが多数できたり、もう、体調が尋常じゃないんだそうだ。その人は内部外部被曝合わせて、500ミリシーベルト。肺にはプルトニウム。原発作業員の通常の被曝上限線量は50ミリ。それが今回の事故で250ミリまで引き上げられた。

 

 250ミリでも無茶苦茶だと批判を浴びた政府と東電。だけどその人は最初の爆発には福一におらず、3,4号機の爆発の時から福一にいた。そして外内部合わせて500ミリシーベルトの被曝。彼は自分で
『俺はもう先は長くはない』と言っている。今は4300人だとしてもこの先、死者がもっと増えるのは容易に予想できる。この事実を国は知ってるの?
もし知ってたら、自ら作った法律を犯している国家レベルの犯罪です。
 

 もう一つ、自衛隊が64名、警官が300人弱亡くなってる話。私も4月に川内村などに行ったからわかるけど、20kmの所などには警察官が立ってたりする。原発周りにはもっと警備の警官達が立ってる。彼らは特別に日当3万円。そしてそこからの任務が終われば、飛び級の出世を約束されているという。そこに立っている警察官は皆、ほぼ25歳以下の若者達。年配の警官は、なぜかいない。そして勿論、マスクなどもしていない。

 

 要は高給、出世を約束するかわりに、未来ある若者を組織ぐるみで死亡させてるということ。だって300人だよ?そんなに死んでるのに何故やり方を変えない?これは勿論、国に報告はあがってると思う。警察は国家の機関なんだから。

 
 そして福島の病院では
7ヶ月の早産などで、片手がない奇形児などが産まれ始めている。(病院の医療事務から直接聞き出す)でも、この件をネットで散々ググってみたけど何もでてこない。

 
 出て来るのは、昨日の2号機再臨界のニュース、(これも、TPP目くらませ)作業員が数人、亡くなったというニュース。
 

 そしてツィッターでは本当にツマラン。エア御用学者達の『臨界とかメルトダウンの定義』机上とデータでしか物事を考えられない、『伝聞はデマ』だと定義する、頭カナヅチな自称学者達。

 

 たった50年で、『絶対安全』な原発がこれだけの事故を起こして、半年以上たった今も『冷温停止』とか言いながら、再臨界してて、4300人以上の作業員の死者を出して(しかもこれからまだ増える)その作業員だけで現在1兆3000億の賠償で、54基中、11基しかそのうちのもんじゅは今まで9500億つぎこんで発電歴ゼロ、年間200億の経費、廃炉までに何十年もかかるわけで……原発がないと経済がどうとか言う人は、原発で作業して金貰って下さいwww

 
 そしてもう一つ。この30年間でM5を超える地震があった地域

イギリス0回
フラン ス&ドイツ2回

アメリカ322回
日本……3954回!
 

なんで原発つくってんのwwwwwwもういい加減、アメリカの言いなりになるのはマジでやめなよ。アイツらは人間じゃない。

*********************転載終了
posted by たかおん at 17:24| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

ふくいちでは恐ろしい事が起きているに違いない。

【1】作業員死亡者数約4300人
 先に紹介したブログは↓
情報源不明、だがあり得る話として
http://blogs.yahoo.co.jp/chikako_5155/7006995.html
はちかちゃんが書いたのではなくて、別の方が書いたのを転載したものでした。
検索すると元記事を書かれた人がでてきます。
副業でライトノベル小説を書いている方のようです。文体が独特なので、合点がいきました。テレビ局で仕事をされている関係から、情報元は複数あるようです。
真偽について議論がありますが、私は本当の事だと直感しました。
福島第一原発災害はチェルノブイリ事故をトレースする展開となっていくと推定されます。
(参考)チェルノブイリ原発事故から20年
http://bit.ly/d6zkGs
チェルノブイリ事故では事故処理作業者(リクビダートル)の方々に深刻な健康被害が出ました。人員数60〜80万人。死者7〜10万人とも言われております。死者数については諸説あります。存命の方も鼻腔内に入った放射能によって引き起こされる脳障害や様々な疾病に苦しめられているという事です。
 福島第一原発で収束作業にあたられている人達の犠牲者が今後増加していくのは避けられない事態であると思われます。

【2】チェルノブイリより深刻な事態
 チェルノブイリは4号機だけの爆発でした。飛び散った核燃料は7t〜10tと言われております。幸か不幸か、上部が開いた状態でしたので、鉛や錫を投入して核燃料の臨界を恒常的に止めることが出来ました。しかし、福島第一原発1・2・3号機は個体を投入することができません。砂状の物を流しこむとしても、どこに核燃料が固まっているのか解らない状態です。1・2・3・4燃料プールも再臨界を防がなくてはなりません。5・6・共有燃料プールも破損箇所があり、冷却水を入れつづけなければならないようです。福島第二原発1・2・4はレベル3と言われています。一定時間冷却がとまったので、スリーマイル状態で、圧力容器内で核燃料が溶けていると思われます。少なくとも福島第一1・2・3号機と1・2・3・4燃料プール、福島第二原発1・2・4号機は核燃料が破損している状態でしょう。福島第一5・6・共有燃料プールと東海村第二、女川原発も容器破損箇所の修理をしなければならない状態のようです。
 そして、福島第一1・2・3・4号機は爆発、3号機燃料プールは即発臨界と言われています。使用前プルトニウム濃度4%(使用後は濃度が増す)のMOX燃料が使われています。ですから、不完全な極部分的な核爆発が起きたのでしょう。4号機燃料プールには使用済み燃料棒が東日本大震災が起きた当時、4号機の燃料プールには使用済み燃料1331体、新燃料204体が入っていました。事故で爆発が起き、4号機の建屋の壁が吹き飛びました。9月29日にも4号機燃料プールが火災を起したような映像がライブカメラで流れた。
 私の仮説では3月15日には4号機燃料プールが1日中燃えていたのではないかと推測しています。3月14日に3号機燃料プールが爆発しており、消防は3号機燃料プールに水をかけた後、4号機燃料プールに水をかけています。
 恐ろしいことに、東電は1・2・3号圧力容器由来の31の放射性核種量を発表していますが、燃料プールについては触れていません。GEの技術者は燃料プールが4階と高い位置にあることについて安全性に不安があるということで上司に具申したが、日本に販売するために経済性を優先させるとして却下されたと証言しています。アメリカ本国では燃料プールは原子炉圧力容器から離れたところに設置してあるそうです。いわゆる燃料棒の交換が捗って経済的だけれど、抜群の危険性を帯びている設計、になっていたのです。
 で、結果的にチェルノブイリどころではない「人類史上最悪の惨事」に至ることになります。放出された放射能重量だけでも10tでは済まないでしょうし、破損し制御不能箇所が多すぎます。これの修復を行うために人員はチェルノブイリの70万人を遥かに超えると想定されます。

【3】終わりだと思われます。
 私は一時期「(原発修復のための)赤紙が来る〜!夜熟睡できない」と回りの人に言っていましたが、誰も信じてくれませんでした。そもそも「月面着陸は捏造だ」などと主張している私の言うこと信じる人は誰もいないでしょう。だからこそ言えるのです。影響力皆無の私なら言えるのです。福島第一原発事故で日本国政府は一度解体に追い込まれると思います。チェルノブイリ事故がソ連邦を崩壊されたのと同じことが、日本でも起きます。ソ連でグラスノスチが叫ばれたのは、チェルノブイリ事故で様々な情報が隠蔽され、国民が政府を信用しなくなったので、苦肉の策で当時のゴルバチョフ氏が唱えたものです。一度、根底から失われた信用は戻りません。結局、連邦国家は解体に追い込まれたのです。現代の日本も同じです。ラジウム瓶なんて子供騙しのトリックです。ところがこの簡単な手品に対してさえも追求の動きがありません。
 今になって当時の枝野長官の「ただちに〜」発言を巡って、ネットでは紛糾しているようですが、私にしてみれば「は?」という感じです。「がんばろう福島」といって福島産の野菜を食べた人は、ソクラテスよろしく落命覚悟の晩餐をしたはずです。枝野氏は安全だとはいってません。「ただちに健康に影響はない」といっていたのです。ですから、時間が経って福島産の野菜を食べたテレビキャスターが急性白血病を発症しました。
 ネット接続環境がなくても、本屋にいって週刊誌を立ち読みするだけで、放射能汚染の危険性は理解できたはずです。何もしないで、テレビを見てポカーンとしている事は犯罪なのです。なにしろテレビを作っている人達も危険性についてわかっていません。
 元日本テレビ社員だった木下黄太氏は福島での取材を拒否して在野で放射能防御プロジェクトというイベントの講師を勤めていらっしゃいます。皮肉ではなく、本当の意味でリスク管理が出ている人です。そういう人はテレビ局を去ります。
 今、日本は複数の危機を抱えています。即物的には原発修復の人員が不足して、制御不能になることです。数年のオーダーで見るとあり得るでしょう。また、大地震が再来し、そこでますます複数の原発が破壊されることです。ちなみに、六ヶ所村再処理工場では先の地震で外部電源2系統とも落ちました。緊急用のディーゼル発電で冷却をしたそうです。六ヶ所村の再処理工場が本格稼働して、液体化した核燃料の冷却ができない事態を迎えれば、そこで北半球は終わりです。あり得そうだから困るのです。
 私が【膨大な人数の作業員が亡くなられているのではなかろうか?】という事を敢えて問いかける理由は次に起こる本当の破滅的事象を防ぐため、作業人員の招集に不利な情報であっても、世論を喚起して、「次はわが身が危ないのだぞ」と知らしめ、反原発世論を沸騰させるためです。臨界させなくてはいけないのは原子炉内部の核燃料ではなくて、『核無き日本』を作るための反原発世論です。
posted by たかおん at 22:39| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

『作業員死亡者数 約4300人 一遺族への口止め料 3億円』

川内村議ちかちゃんさんが御書きになれた
【情報源不明、だがあり得る話として】
http://blogs.yahoo.co.jp/chikako_5155/7006995.html
『作業員死亡者数 約4300人 一遺族への口止め料 3億円』
は全日本国民に知って欲しい最大級のスクープです。
内容については上記URLをご参照下さい。

川内村議ちかちゃんさんが
『情報提供者の「瀬戸教授」とは、どこの、どなたなのか?
ネット上では、様々に情報が飛び交っているが、真実が知りたい』
と書かれているのでお答え致します。
http://bit.ly/snLBKD

 瀬戸教授とは「災害対策実行本部本部統括監・東北大学瀬戸翼教授」です。
私のマイミクで面識のある竹村氏が、瀬戸教授最後のmixi日記から転載されました。これまでに竹村氏は瀬戸教授とメールで幾度かやりとりをされているそうです。

(参考)
福島原発の行方不明の中で、実はもう死亡者は何体かが献体されていた?
http://bit.ly/sEGL7d
 岩上安身さんの福島県のバイク屋さんへのインタビューでも大阪府西成地区から連れてこられた作業員の方々が多数亡くなれている話しや、検問に当たっている警察官が亡くなれた話しが出てきます。

北海道の山本太郎さんの講演会を夕方ごろ聴いていたのですが レスキュー隊で福島原発支援の方がなくなられたという生の声を聞きました。 http://www.ustream.tv/recorded/18345887外部リンク こちら、50分ぐらいのところでその話題が。

−−−以下参考転載
福島民報 (2011/09/20 09:04)
http://bit.ly/mQlp8i
放射線医療5施設新設へ 福島医大に健康管理センター330床など
 東京電力福島第一原発事故を受け、福島医大が放射線医療の拠点化を目指してまとめた復興ビジョンの概要が19日までに明らかになった。330床を有する放射線医学県民健康管理センター(仮称)など5施設を5年以内に新設。国内の専門家を医療・研究スタッフとして迎え、県内のがん医療を国内最高水準に引き上げる。被ばく医療専門の医学講座を年内に設けて人材育成にも取り組む。事業費約1千億円を想定し、県と一体で国の3次補正予算案に盛り込むよう求めている。
 構想では、各施設ともに医大の敷地内の駐車場などを利用して整備する。放射線医学県民健康管理センターはがんの早期治療を担う拠点施設になる。付属病院にある甲状腺外科、血液内科、放射線科、皮膚科を移し、専門医を配置するなどして医療の高度化を目指す。乳幼児や妊産婦への放射線の影響が特に懸念されるため、小児科、産科もセンター内に置く。
 建物は鉄筋コンクリート九階建て・延べ床面積は2万9千平方メートル。現在の付属病院より一回り小さい規模となる。
 さらに、病気の早期発見に当たる分子イメージング施設を二カ所に設ける。がんの発見に用いるPET(ポジトロン断層撮影)やサイクロトロン、超高解像度のCTスキャン、内部被ばく状況を検査するホールボディーカウンターなどの最新機器を配備する計画。
 がん治療の薬剤開発を進める創薬・治験センターも整備する。全県民対象の健康管理調査の結果を将来にわたって分析したり、新たながんの治療法を開発したりする研究・実験施設も設ける。
 医学講座は被ばく医療に特化した内容とし、定員は現在調整している。講座新設に合わせて医学部の定員増を国に求める。県内の医療水準の向上を目指し公的病院に派遣する医師の数を増やすことも検討する方針だ。
 放射線関連の医療産業の集積にも取り組む。産学連携の研究施設として、ふくしま医療産業振興拠点(仮称)を設け、地元や海外の企業と連携して放射線医療の検査、診断、治療に用いる機器開発などを促進する。研究のパートナーとなる企業誘致も進め、地域産業の活性化と雇用創出にもつなげる。
 構想を具体化する上では人材確保が大きな課題になる。施設や講座の新設に伴い必要となる医師、教授らは少なくとも数十人規模になる見通しで、放射線医療に関する連携協定を結ぶ広島、長崎両大から人材を得ることで合意している。今後、国内の関係機関に働き掛けるなどして医療・研究スタッフを確保する方針。
 本県への放射線医療拠点の整備を盛り込んだ政府の復興基本方針と、県の復興ビジョンを受け、構想をまとめた。
 福島医大の復興事業を担当する横山斉同大付属病院副院長は「原発事故のあった本県で最先端の治療・診断を受けられる態勢をつくることで、県民の安全安心を確保し、『日本一健康に生きられる地域』を目指したい」としている。
 県は政府の復興基本方針に合致しているとして、国の3次補正予算で事業費が確保される可能性は高いとみている。
posted by たかおん at 08:08| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

世田谷区八幡山にて40000μSv/h!ロボット投入必須だが・・・

ソーシャル・ネットワーキング サービス [mixi(ミクシィ)]
【1】40cm掘ったら40000μSv/h

 建築現場で整地するだけでも結構掘り返す。ましてや鉄骨造の建物を建てる時は基礎回りは2mぐらいは掘削する。ところが世田谷区八幡山のスーパー敷地で、ラジウム226試薬瓶が40cm堀った所で発見された。直上40000μSv/hを観測ということで、本来ならロボットを投入し遠隔操作にて掘削する必要があるはずだが、回りの人達はマスクも付けないで、防護シートを開けて掘削している人と話している。(写真参照)


【2】とんでもなく高い線源
『アルファ線,4.78 (94.5 % ), 4.61 (5.55 % ); ガンマ線,0.186 (3.5
%)
1mの距離に100万ベクレルの小線源があると、ガンマ線によって1日に0.0054ミリシーベルトの外部被曝を受ける。』
http://bit.ly/1eJPCe

1mの距離に100万ベクレル線源であるラジウム226が存在するとしてγ線は0.225μSv/hだ。

通常の蛍光塗料を入れたラジウム瓶が発するγ線は0.064μSv/hぐらいとのこと。

試薬ということで、非常に高い濃度のラジウム226が存在するとしても直上で40000μSv/hもγ線が出るのだろうか?


【3】テレビが安全を連呼する程の非常事態

 いつもの事だが、テレビが安全を連呼する時程、気をつけないと行けない。少なくともこれだけは言えるのだが、世田谷区八幡山付近一体では、今後チェルノブイリ原発事故の時のように甲状腺ガンや白血病を発症しても、国や東電に賠償請求できないという事だ。


−−−
(参考転載)
地中から試薬瓶、茶褐色の固形物質 世田谷の高放射線量
2011.11.2 18:26
[公害・汚染]
http://bit.ly/w4iyYJ

高い放射線量が検出されたスーパーマーケット脇の歩道=31日午前、東京都世田谷区八幡山

 東京都世田谷区八幡山のスーパーマーケット周辺で最大毎時170マイクロシーベルトの放射線量が測定された問題で、文部科学省などは2日、現場周辺の掘り起こし作業を続け、深さ40センチの地中から放射線源とみられる試薬瓶を回収、撤去した。

 同省によると、瓶には茶褐色の固形物質が入っており、ラジウム226とみられる。瓶にふたはなく、周辺の放射線量は毎時40ミリシーベルト(4万マイクロシーベルト)に及んだため、防護服姿の専門業者が円柱状の鉛のケースに密閉し、慎重に運び出した。

 瓶の撤去後の線量は同2ミリシーベルトで、瓶のガラス片が飛び散るなど土壌が汚染されている恐れがある。3日以降も撤去作業を続ける。

 この日の調査で新たにスーパーの売り場からも毎時8マイクロシーベルトの放射線量を測定。地中の放射線源は複数に及ぶとみられる。今回、掘り出したのは地表面で同110マイクロシーベルトが計測された店舗の入り口付近。同170マイクロシーベルトが出たブロック塀付近はまだ手つかずで順次、撤去作業を進めるという。
posted by たかおん at 20:37| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする