2007年02月05日

税金滞納ゴーゴーゴーゴー

 先日、2ちゃんねる管理人税金滞納報道がありました。
2ちゃんねる、マルサ動く…国税局職員の父親を直撃
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_02/t2007020127.html
この記事を元に調べたところ、親父の国之氏は川崎北税務署税務相談室長を務められています。
そういえば、今月は確定申告の時期です。
税金で解らないことや、理不尽なことがあったら、
213-8503神奈川県川崎市高津区久本2丁目4番3号川崎北税務署税務相談室
Tel.044-852-3221 (税務相談室へ内線でつないでもらう)
へ連絡することを強く御薦めする次第です。
間違っても、室長さんを呼び出して、
「息子さんが税金を滞納しているようですが、私も滞納して良いでしょうか?」
などと質問してはいけません。

 しかし、この記事は素晴らしい。
私などは「天才バカボンのレレレのおじさん」よりも役たたずなので、何がどうなっているのかよく理解できないのです。
ただ、ピューリッツァ賞が256個は取れると思われるこの記事を世に放つに際しては、
隊長とフジサンケイグループの総力を費やしたコラボレーション偉業であることだけは間違いないと思います。

私なりの解釈で、簡単に言うとこうなります。

誹謗中傷で人集めして広告・ビュワーで金儲け

出版業界から金貰い

誹謗中傷賠償裁判出廷しない

敗訴の賠償金払わない

税金も払わない

札幌の中ちゃんはN.T.Technologyのドル決済金で隔月ぐらいで海外「御大臣」旅行
木村医師御伝授のマイレージ溜まりまくりのおまけつき。

posted by たかおん at 21:47| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2ちゃんねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

オーマイニュースに載った「声明文」です。

http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000004929


■「2ちゃんねる問題」は私たち自身の問題
 「2ちゃんねる問題」は即ちメディアの問題でもあります。幸いに鳥越編集長は「2ちゃんねる」について高い所見をお持ちですが、マスメディアのすべての方々が「2ちゃんねる問題」を理解しているわけではありません。その事が「2ちゃんねる問題」の入り口であって、出口でもあります。マスメディアが的確な問題意識を持たないがゆえに、「2ちゃんねる問題」の本質を伝えることが出来ず、結果的に解決を見ることが出来ないのです。しかし、「2ちゃんねる問題」は最後の最後にはインターネットに「参加」」している私たち自身の「在り方」を問われているのです。

■多くの人が損している「2ちゃんねる」
 「2ちゃんねる」とは無関係の多くの人が「2ちゃんねる」によって損をしています。どなたでも名誉という財産を持っています。誹謗中傷されると名誉は減ります。つまり、あなたの財産が減るということです。一方で、誹謗中傷が書き込まれたログの閲覧権を「2ちゃんねる」は有料で販売しております。「2ちゃんねる」とは誹謗中傷をお金に換えるシステムと言うこともできます。
 「2ちゃんねる」にはネットウォッチ板という誹謗中傷専門掲示板があります。インターネット上で見ることができる他のサイトの悪口が書き連ねてあります。一般的には、悪口を書かれますと表現への意欲が減退して制限されます。これもインターネット利用者が損をしていると考えられます。独創的な表現には価値があると思いますが、「2ちゃんねる」では悪口を書く格好のネタになってしまいます。表現は無制限には認められません。それは社会的責任としての縛りがあるからです。しかし、私たちは「2ちゃんねるリスク」が表現の自由を制限することは認めることはできません。
 私はこれらの事を、一部の弁護士や多くの知識人の方々に御理解頂けていないのは、本当に残念だと思います。

■誹謗中傷のみならずプライバシーの侵害がまかり通る屁(へ)理屈
 「2ちゃんねる」は個人の取扱いを一群、二類、三種という基準を設けています。しかし、無名の私人でも「2ちゃんねる」で誹謗中傷され続けているうちに、「2ちゃんねるで有名」だから「二類」扱いになり、「2ちゃんねる上」でのプライバシー情報が消されないという事例があります。これはおかしな話です。そもそも、「2ちゃんねる上」で誹謗中傷されなければ、「三種」であるわけです。つまり三種というのはあってもないようなものであり、特定の人物への誹謗中傷が勃発すれば、自動的に二類へ昇格となりプライバシー情報は消されない事例がまかり通っているのです。

■「2ちゃんねる」という名の超格差社会の成因
 「2ちゃんねる」には多くの無償のボランティアが参加しています。一方では「特定の人物」は誹謗中傷のログ閲覧権や、誹謗中傷の書き込み閲覧者に対するバナー広告収入で、多額の収益を得ています。この「2ちゃんねる」という名の超格差社会の成因を探ることも重要です。
 誹謗中傷を含む言葉のやりとりは威嚇威力効果を産み、それにより一定の権力が発生します。「2ちゃんねる」は日本語圏インターネット内における権力機構として機能しています。権力機構は権威を産み、匿名性の影に隠れて誹謗中傷を行う掲示板システムへの参加誘因力が働きます。「2ちゃんねる」は徳よりも欲が優先するマインドコントロール社会なのです。

■「2ちゃんねる」という名のヘイトサイト
 私が見聞する限りにおいて、「2ちゃんねる」上に書き込まれている大量の人種差別発言について批判的な言論は少数です。「2ちゃんねる」は初期のころから人種差別的発言が横行していました。「2ちゃんねる」の規模が拡大するにつれて、若者層が人種差別的偏見を増長していく作用をもたらしました。
 これほどインターネット上に公然と悪行が開陳されているのに、「2ちゃんねる」のこの状態が今の今まで続いてきた理由は、日本社会の免疫機能の低下を物語るものではないでしょうか。どのような社会でも悪行を成す者はいます。しかし、そのような者の跳梁跋扈を放置していては、帰属する社会秩序そのものが崩壊してしまいます。 ところが驚くべきことに現政権の外務大臣や法務副大臣が「2ちゃんねる」に対する理解を示しているのです。
 このレイシズム(人種差別主義)を推進するがごとき「2ちゃんねる」の存在は、国家間の軋轢を産み、日本を危機に晒すことになりかねません。キプロス島やパレスチナ問題を鑑みるまでもなく、一度、民族種同士の争いが発生すれば、数百年、数千年のオーダーで争いが続くこともあります。

■考えながら歩こう
 「上を向いて歩こう」という有名な楽曲があります。今風に言いますと「ポジティブシンキング」に生きていこうという歌です。それはとてもとても大事なことです。自分がよりよく在りたいという感情は、何が正しく、何が正しくないかという判断を、自らの良心に基づいて行う習慣を身につけることに繋がります。人はただぼんやりと歩いているわけではありません。右を見て、左を見て、過去を顧み、そして未来を考察しながら、歩んでいくべき生き物です。人として生き、インターネットに「参加」している皆さまが、今、「2ちゃんねる問題」に対して何をするべきか、自ずと答えが見えてくるはずなのです。
posted by たかおん at 21:33| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2ちゃんねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

削除依頼すると警察に駆け込む2ちゃんねる運営者

○削除依頼は正統な権利
誹謗中傷を掲示板に書かれた場合、掲示板の運営者に削除依頼することになります。
名誉毀損の被害を受けた人にとって削除依頼は正統な権利です。
ところが、2ちゃんねるの運営者は削除依頼すると警察に駆け込むそうです。

---引用開始----
【ネット】絶大な権限を持つ「2ちゃんねる」の黒幕浮上・・その実態とは!?★3
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1169740295/

167 名前:狸幕 ★[sage] 投稿日:2007/01/26(金) 01:49:30 ID:???0
>>156
怒涛の手紙攻撃と、会社のFAXぶんまわし
新しく撃退機能つきのFAXに入れ替えた

おどしの手紙のほうは100通くらいたまったので(毎日送ってくる、会社・自宅)
警察に持って言ったら「もう少し溜めてみましょう」といわれた。
---引用終わり----

○おっとどっこい警察経由削除依頼だとスレッドストップにしてくれますよ。
 上の書き込み内容の真偽については皆さまの判断に委ねますが、
所轄警察経由で誹謗中傷被害を訴えて泣きつきますと、警察の方から削除依頼かけてくれます。
効果満天100%の確率でスレッドストップ=書庫落ちになります。
(参考)北海道警察本部 厚別警察署
札幌市厚別区厚別中央2条4丁目520
TEL 011-896-0110
(参考)削除依頼申し立て先法人:会社法人番号4300−01−008942

商号 株式会社ゼロ
本店 札幌市厚別区中央二条五丁目2番1号クラスターユーエム2階代表取締役中尾嘉宏氏

○東京地方裁判所民事部へゴーゴーゴーゴー
 管財人が債権を確定しますと、以後、確定判決をお持ちの債権者の債権でも管財人が関知していないものは無効となります。債権者の方はお急ぎの上、東京地方裁判所民事部へゴーゴーゴーゴーをお願い申し上げます。


○三好町の木村医師が上京
 三好町の木村医師が週末にも高級ベンツで上京との事。ANAホテルのお部屋もキープしてあります。赤坂にてみっちりと相談させていただきますので、来週の中ちゃん攻略戦は大幅に進展するでしょう。では〜。


関連リンク集
「2ちゃんねるの黒幕浮上…」とZAKZAK
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0701/24/news100.html
社長中尾嘉宏のお遊び
http://www.youtube.com/watch?v=Jch5WKnvv3g
竹花生活安全局長が辞職 元都副知事の警察官僚
http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/nation/20070116a4350.html
ドワンゴなど上場企業元監査役が2億円所得隠しで東京国税局が告発
http://column.chbox.jp/home/kiri/archives/blog/main/2006/10/17_150523.html

posted by たかおん at 16:22| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 2ちゃんねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

平成の偉人、切込隊長(山本一郎氏)

(参考)何故か身の回りに左翼が増えている
http://column.chbox.jp/home/kiri/archives/blog/main/2007/01/18_235509.html

○隊長の御采配
 古来から名は体を表すと申します。山本氏が背負っている「切込隊長の看板」はダテじゃないのです。
ここ数ヶ月において2ちゃんねる問題を追求していく道筋を付けるための御采配を振るわれたのは、”切込隊長”山本氏その人なのです。
私は単なる一市民に過ぎません。
第一、私が裁判所に提出する書類が書けるわけないじゃないですか。
三浦和義氏著書「弁護士いらず」を読んだのですが、冒頭に必ず参考書籍のあれとこれも併せて読みなさいと書いてあって唖然としましたし、
まぁ読み込んでも確実性は担保されませんし、その時間もありません。
隊長には司法手続きアドバイスから、苦情を申し立てる相手の選定などなどといたせり尽くせりの獅子奮迅の御采配を頂きました。
つまり、隊長がニューガンダムだとすれば、私はガンダムに装備されていた特殊装備のフィンネルのような存在です。
隊長の高い御見識に基づく法理論によって、フィンネルである私は動けるわけです。

(参考)トンデモ弁護士 壇俊光氏について
http://wiki.livedoor.jp/doudemoiikedo/d/FrontPage

○「2ちゃんねる宣言」問題
 2001年に「2ちゃんねる宣言」という書籍が出たときに、2ちゃんねる問題追求を行っていた私が受けた衝撃はコロニー落し級の衝撃がありました。
今風にいうと、ユニウス7への核攻撃級とでも言うべきでしょうか。
天下の文藝春秋社が著名人と西村博之氏との対談本を出版したわけです。
趣旨は「2ちゃんねるがメディア宣言」するということです。
この本により2ちゃんねるはメディアとして認知され、2ちゃんねると他メディアとの連携が進むことになります。
とある人は「オウムだって本が出てただろ!」と怒鳴っていましたが、「トワイライトゾーン」や「ムー」と文藝春秋の出版物では影響力が違います。
結果として、「2ちゃんねる宣言」は「2ちゃんねるの隆盛」を担保してしまったのです。
実は、目崎敬三氏や井上トシユキ氏らに責任追求を行う事について、私はあまり積極的ではありませんでした。
しかし、今となっては、その意義を説き、子細な情報を提供してくださったことについて深く感謝しております。

○隊長、中尾氏に切込む
 最初に、実質的な2ちゃんねる運営者である中尾氏について言及したのは隊長です。
それに基づき2004年、反2ちゃんねる運動が隆盛を見ることになります。
時を経て2006年9月頃から切込隊詰所リターンズという流れなわけです。
そう、隊長の剣先は中尾氏を捉えているわけです。

○思想を超えて
 私は2ちゃんねる誹謗中傷威嚇威力によるネット支配体制の打破を願っている、典型的な左翼男です。
そこで、鶴田浩二の「傷だらけの人生」を結びの言葉と変えさせていただきます。

(セリフ)古い奴だとお思いでしょうが古い奴ほど新しいものをほしがるものでございます。
どこに新しいものがございましょう。生まれた土地は荒れ放題、今の世の中右も左も真っ暗闇じゃございませんか

♪何から何まで真っ暗闇よ
すじの通らぬことばかり
右を向いても左をみても
ばかとあほうのからみあい
どこに男の夢がある♪
posted by たかおん at 23:27| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 2ちゃんねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

2ちゃんねるは日本の恥

○なぜ、2ちゃんねるが問題なのか。
 中尾嘉宏氏・西村博之氏の法的問題については、他の方々が指摘しておりますので、私自身は敢えて説明する必要はないのではないかと思います。
いわゆるマスメディアに載らないであろう側面から、私の意見を表明しておきます。

○2ちゃんねるという名のヘイトサイト
 私が見聞する限りにおいて、2ちゃんねる上に書き込まれている大量の人種差別発言について批判的な言論は数少ないです。
最初の小泉首相靖国参拝の折りに中国において日本批判がネットで出たときに、川口外務大臣が中国へ苦情を伝えました。
それに対して葉千栄氏が
「(中国のネット中傷は)日本の2ちゃんねるの様だ」
と批判をされました。
氏は2ちゃんねる上では中国への人種差別的発言が横行している状態を放置している日本政府が、中国政府へネット上の誹謗中傷について苦情を言うのなら、
まず最初に自国の襟を正す必要があるのではないでしょうか?という趣旨で御発言されておりました。

 2ちゃんねるは初期の頃から人種差別的発言が横行していました。2ちゃんねるの規模が拡大するにつれて、若者層が人種差別的偏見を増長していく作用をもたらしました。
日本語は所詮はローカル言語です。もし、2ちゃんねるが英語で運営されていたら、国際的大問題となったでしょう。
ワールドワイドにおいて、2ちゃんねるは日本の恥なのです。
2ちゃんねるのヘイトサイト状態の横行は、後々には自国を危険に晒すことになると思います。

 キプロス島やパレスチナ問題を鑑みるまでもなく、一度人種同士の争いが発生すれば、数百年、数千年のオーダーで争いが続くこともあります。
日本は戦前は欧米のまねをして植民地政策を押し進めました。これにより、被支配を受けた民族の方々は苦しい思いをしたわけです。
ですから、日本は非難されても、低姿勢で諸外国に接するべきだと思います。

○日韓親善を言うとバッシングされる悪しき風潮
 いわゆる、嫌韓などの風潮のすべてが2ちゃんねるが原因だとは言いませんが、2ちゃんねるが大きな役割を果たしているのは間違いないわけです。
酷い人種差別発言や誹謗中傷は2ちゃんねるの運営者が削除すれば良いわけです。
削除しないで、人種差別発言の横行を放置している2ちゃんねる運営者は重大な罪を犯していると思います。
明文法に該当する罪状があるかないかは問題ではなく、一般的な社会人として重篤な疾患を抱えていると言えるでしょう。
私のマイミク(mixiに登録してある私の知人)は日韓親善を謳って日記をつけておりますが、恒常的に誹謗中傷の投稿がされます。
「vipから来ました」などと明らかに2ちゃんねるの影響下の人物とおぼしき書き込みもあります。
彼はめげずに日韓親善の観点から日記をつけています。
ここでは仮に彼を「日韓親善氏」とします。
日韓親善氏を登録制(クローズ)コミュで誹謗中傷している人がいました。
その誹謗中傷をしている人をAさんとします。
Aさんは明らかに虚偽であると解るような幼稚な誹謗中傷を日韓親善氏に対して行っておりました。
私はすぐにAさんをマイミクから外してアクセス禁止(私のページの閲覧禁止)にしました。
当然の処置だと思います。
ところが、他の人はその誹謗中傷を読んで日韓親善氏をマイミクを外しました。
揚げ句には、私が日韓親善氏をマイミクに登録してあることを「どういうことなのか?」と非難するようなメールが来る始末です。
なぜ、誹謗中傷を行っている人を問題視しないで、誹謗中傷文言を真に受けてしまうのか、私には不可思議、摩訶不思議です。
民度の問題とか書くと揉めるので、書きたくないのですが、そうとしか言いようがありません。
私は日韓親善という貴重な言論を貫く人を応援すべきだと思います。

○2ちゃんねるの横暴が止まらないのは日本社会の免疫低下の症状
 2ちゃんねるの問題は民族差別大量書き込み留まりません。私人への執拗な誹謗中傷、しかもネットウォッチ等という誹謗中傷専門の板も設営されております。
戦地で孤児の面倒を見ていてイラクで人質となった御方への空前未曽有の度の過ぎた誹謗中傷等など枚挙にいとまがありません。
これほど公然と悪行が開陳されているのに、2ちゃんねるのこの状態が今の今まで続いてきた理由は、日本社会の免疫機能の低下を物語るものなのではないでしょうか?
どのような社会でも悪行を成す者はいます。
しかし、そのような者の跳梁跋扈を放置していては、帰属する社会秩序そのものが崩壊してしまいます。
ですから、至極当然にして、そのような悪行を成す人物について是正を求める必要があるのです。

 今回の件について、私の個人的な思いが全く無いとは言いませんが、私は私と共に行動してくれた人達やインターネットの健全化を願うすべての人からの請託を受けていると思念しております。
あめぞうさんは「みんなが楽しく情報交換できるコミュニティ」を目指してスレッドフロート式掲示板を運営しておりました。
今こそ、あめぞうさんがインターネット社会に問うた緒言の理念を回復すべきだと思います。
posted by たかおん at 00:16| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2ちゃんねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする